サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

プレイバックオールスター・2009年3位清水盛三選手

プレイバックオールスター・2009年3位清水盛三選手

Basser編集部=写真と文
 本日は、その2009年大会で
(10月31日、11月1日)

3位に入賞した清水盛三選手です。

1位赤羽選手、2位小森選手

についてはさかのぼってご覧ください。

DSC_0470
B.A.S.S.からの招待選手


つーか、全然順不同じゃないじゃん!

というツッコミをいただきましたが、

それはご愛嬌ということでお許しを。

さて、清水選手、

初日は常陸利根川や東浦を釣り、

3190gのリミットをキャッチ。

ヘラ台跡のパイプや沈みものをテキサスリグで探った結果です。

simizu02
BYSクローポートリー4in+
センキンバレット3/16oz+
ワーム316R♯3/0


しかし2日目は、

常陸利根川をメインに釣り大苦戦。

13時30分帰着にもかかわらず、

11時45分の時点でゼロ……。

しかし、追い込まれて入った

大山(本湖西岸)沖の浚渫後でドラマが!
(岸から100m以上離れたオフショア)

11時58分から12時40分までの

約40分間でリミットメイク!

simizu01

ワイルドハンチのカラーローテーションで固め釣り!


浚渫跡のブレイク(水深2m→5m)に対し垂直に通してまず1尾、

ブレイクと平行に通してまた1尾、また1尾と、

中層クランキングが火を噴きました。

そのあと、反応が遠のきますが、

ルアーを変えるのではなく、

ワイルドハンチの色を変えることで

バイトを引き出すことに成功!

ふたたびの連続キャッチで怒涛のリミットメイクです。

「色を変えることでバイトを拾えることは多い」と清水選手。

「浚渫跡」というエリアの意外性に加え、

クランクで固め釣り、

しかもたった40分間で……。

いやはや、すごいプレイでした。

DSC_0790


DSC_0821


初日   3190g

2日目  3310g

計    6500g 3位

(ササキ)

2011/8/24

<< 2011/8 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2020年9月号

【特集】Buzzbait +1/シンプルローテーションでバズる

 今号の特集は、サマーシーズンの定番である「バズベイト」が主役。朝夕の高活性時にバスを効率よく釣っていけるこのルアーの使い方・使い分けなどを紹介する……だけでは終わりません! たしかにこの時期、先発投手として起用されることが多いバズベイトですが、いつもどこでもそれが効くとは限りません。天候や水色、水深、そしてバスの活性やプレッシャーのかかり方によって、的確なルアーローテーションが求められます。
 そこで特集テーマを「Buzzbait+1」として、バズベイトを主軸としつつも、状況に応じてどのように釣りを展開していけばいいのかをエキスパートたちが徹底解説。中継ぎやクローザーとして登場するルアーはポッパー、ノーシンカー、S字系、トレーラーワームなどさまざま。「バズベイト最高!」というだけではない、釣るための実戦的内容が盛り込まれた必読の一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING