サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

フィッシング「乱闘」ショー。

フィッシング「乱闘」ショー。

Basser編集部=写真と文
菊元俊文さんから

「関東の暴れん坊3人衆」的な呼ばれ方をしている

左から、蛯原英夫さん、関和学さん、沖田護さん。

こんなこと書いていいんだろうか…。

まぁ、蛯原さんは以前某誌に…、掲載された写真については…、か、書けない(汗)。

関和さんも…、沖田さんも…、ききき聞いただけだけだから、か、書けない(涙目)。

524

関和さん:「オレは、ほら、小さいし、弱っちいかから、ふたりにイジめられてばっかりだよ。ジャイアン(沖田さん)も蛯原さんもヒドいんだよ(ウソ泣き)」

沖田さん:「何言ってんの番長、ホントの”のびた役”はオレでしょうよ」

蛯原さん:「そうだよ学ちゃん、ウソはよくない。っていうか、菊元さんもこのふたりとオレをいっしょにしないでほしい」

関和さん:「いや、オレこそふたりとは違うっつーの」

沖田さん:「とりあえず、”ジャイアン”ってあだ名をやめてほしい」

このあと「誰が1番おとなしいか」について紛糾し、乱闘の末にトリプルノックダウン。

蛯原さん、沖田さんは言わずもがな、関和さんも腕っぷしは相当強いと判明。





集合写真のポジションを巡って

北大祐さんと市村直之さんの乱闘が勃発。

とりあえずの決まり手は「突き倒し」。

が、このあと市村さんがグラウンドの展開に持ち込んで北さんからマウントをとる。

35740

相羽純一さん、平本直仁さん、鬼形毅さんが止めに入るも事体は収拾せず、

最後は画面の左外枠から、沢村幸弘さんが真空ニ段跳び膝蹴りを敢行。

喧嘩両成敗でふたりの若手をノックアウト。

ベテランの底力を感じさせる一戦だった。



※一部事実に基づいたフィクションです。ご出演の皆様、並びに関係各位は笑って済ませてくださいますよう、ひらにひらにお願い申し上げます。(ヤマガタ)

2009/2/15

<< 2009/2 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新号 2018年7月号

[特集]ガチのトップ

 ガチで釣るための水面攻略法を特集。
 6月はトップウォーターを使うことで釣果が伸びると断言します。
 「トップで釣れたらいいな」ではなく、なぜ「釣りたいからこそトップ」なのかを、達人たちが解説します。
 巻頭では、トーナメントで何度もウイニングルアーになっている痴虫ルアーの秘密を松本光弘さんが牛久沼を舞台に明かします。
 川島勉さんはハネ系ルアーとペラ系ルアーの使い分けを解説。本人は「こんなルアーで釣りたい。絵空事です」と言いつつも、その確かな釣獲能力で55cmのビッグバスを手にします。
 その他、内山幸也さんによるダブルプロップ活用術、木村建太さんのポッパータイプの出しドコロ、大津清彰さんによる野良ネズミパターンなど、見どころ満載な内容です。
 釣果がなかなか出ないとき、打開策としての「トップウォーター」という選択肢があなたのなかに加わることは間違いありません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING