サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

バファリン。

バファリン。

Basser編集部=写真と文
昨日から河口湖で開催されているジャパンスーパーバスクラシック。

最終日の模様を取材しに、これから会社を出発します。

なぜ、家からではなく、会社からなのか。

それは原稿が終わらないから帰れないだけのこと。

ちなみに弊社、シャワールームもあれば、畳敷きの仮眠室もある、

お泊まり前提仕様となっております。

これで洗濯機があれば……。

なんて考えてしまう我が身の哀れを嘆く、

なんてこともなく仕事ができてしまうのは、

周りにもっと悲惨な人たちがいるから。



たとえばさっき、22時ころに相羽純一さんから電話がありました。

相羽さんといえばクラシックの初日を終えて暫定2位です。



相羽さん(以下、A):もしも~し、相羽で~す。

僕(ヤマガタ。以下、Y):ども、お疲れさまです。
             クラシック3勝目に手が届きそうじゃないですか。

A:そうなんだよね~、かなりヤバいよ。

Y:ヤバいって、ハマってるパターンがある、ってことですか?

A:あ~、●●●●●を使い始めたらすぐに●●●●●でね、いやもうラッキーで
  ビックリ。で、▲▲▲▲▲(中略)なのよ。

Y:ヤバいくらいツいてた、ってことですか?

A:いや、違うくて、ヤバいのは僕の体調。
  明日会場に来るとき、バファリン買ってきてくれません? 頭、超痛いの。
  昨日からキてたんだけど、今朝起きたら最悪。
  ホテルで■■して船の上でも■■しそうになったくらい。

Y:えっ!? もう会社の近くの薬局も閉ってますよ。

A:そ~だよね~。どうしよ。試合中にこんなことになったのひさしぶり。限界っぽい。

Y:けど暫定2位ですよ? 明日はどうにか踏ん張んないと。

A:鬼。

Y:はいはい。せっかくツいてるんですから。

A:ツいてませんよ。
  けど実はね、今回は●●●●●で釣ってるの。
  ラッキーだったんだけど●●●●●を使い始めたらすぐに●●●●●でね、もうビックリ。

Y:それ、さっき聞きましたよ?

A:え~? 言ってないよ。

Y:▲▲▲▲▲(中略)なんでしょ?

A:え!? な、なんで知ってんの!?

Y:だ~か~ら~、さっき聞いたんですってば。

A:誰から?

Y:相羽さんから。

A:言ったっけ~?

Y:言いました。……ホントにヤバいみたいですね。
  熱でボ~っとしてるんじゃありませんか?

A:言ったっけ……(ぶつぶつ)。

Y:もう寝てください。

A:はい。

Y:じゃあ、おやすみなさい。寝ることしかできないでしょうけど、とにかくお大事に。
  あと、試合が終わったらすぐに「アイバムシ♂といっしょ」の原稿送ってくださいね。

A:鬼~。



以上、ノンフィクション。

表彰式で相羽さんが同じことを2回言ったら、こういうことなんです。



取材する僕らは選手全員に公平に接さないといけないわけですが、

バファリンは、どうにかなれば、してあげたいと思います(有料で)。

もし、これを読んでるほかの選手がいましたら、どうぞお手柔らかに。

どうにもなりそうにないことや

「ポカリ買ってこい!」といったパシリ的注文は受けませんので。

(ヤマガタ)

2008/4/13

<< 2008/4 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING