サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

バスがキレイに跳ぶ条件。

バスがキレイに跳ぶ条件。

Basser編集部=写真と文
昨年のJB TOP50野尻湖戦。サブサーフェスでHMKLミノー(インジェクション)で釣る山木一人さん。
y1
いい跳びです。山木さん、「おわぁッ!」とか言ってたような。

一昨年の霞ヶ浦取材。ジャカゴの先端でノリーズ・ディーパーレンジで釣る西村嘉高さん。
n1
津留崎健カメラマンの身体の陰からバスに伸びているのは、深江真一さんの手です。



両方とも連写スピードが遅い(そして古くて安い)ニコンD70というデジタル一眼で撮ってます。

今なら中古ボディーは1万円からあるかも。4年前の発売直後に10万円で買ったのに~(涙)。

デジカメはカメラじゃなくて家電製品なので、新しけりゃ新しいほど性能がよく、

2年前の新製品は、性能的にはもはや旧型扱いです。

ザクに乗ってるジオン兵が、ガンダムを見て「連邦のモビルスーツはバケモノかぁッ!?」というくらい性能差があります。

まぁ、そういう高性能機は、津留崎カメラマンようなニュータイプに使われないと宝の持ち腐れもいいとこなので、編集部員にはザクで充分かも。



けれど、旧型家電製品でザクなD70も、手に馴染めばそこそこの仕事はしてくれるのも事実。

連写機能に頼れない一瞬勝負も、ムダに仕事のやりがいがあって嫌いではありません。



それでも、バスのジャンプショットを撮ろうとすると、被写体のバスにも協力してもらわなければいけないのはもちろん、そういう写真を撮れるかどうかは、アングラーの釣りのスタイルにも大きく関わっているように思います。



「浅いレンジで」「巻いて釣る」のが得意なアングラーを撮っていると、

ジャンプショットを撮るチャンスが多く巡ってくるんです。

あとは集中してファインダーを覗き続け、数撃ちゃ当たる(当たらないこともあります。凡人とザクですから)。



ちなみにニュータイプは、バスが100回跳んだら100回ともバスを空中で静止させ、

かつ全体の構図もピントもビシィッ! とキメます。



さらに……



西村さんの写真をよ~くご覧ください。

そうなんです。ニュータイプの津留崎カメラマン……、ファインダーを覗いてません。

手がファンネル化して、セミオートでターゲットを捉えてます。(ヤマガタ)

2008/10/7

<< 2008/10 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING