サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

バスがキレイに跳ぶ条件。

バスがキレイに跳ぶ条件。

Basser編集部=写真と文
昨年のJB TOP50野尻湖戦。サブサーフェスでHMKLミノー(インジェクション)で釣る山木一人さん。
y1
いい跳びです。山木さん、「おわぁッ!」とか言ってたような。

一昨年の霞ヶ浦取材。ジャカゴの先端でノリーズ・ディーパーレンジで釣る西村嘉高さん。
n1
津留崎健カメラマンの身体の陰からバスに伸びているのは、深江真一さんの手です。



両方とも連写スピードが遅い(そして古くて安い)ニコンD70というデジタル一眼で撮ってます。

今なら中古ボディーは1万円からあるかも。4年前の発売直後に10万円で買ったのに~(涙)。

デジカメはカメラじゃなくて家電製品なので、新しけりゃ新しいほど性能がよく、

2年前の新製品は、性能的にはもはや旧型扱いです。

ザクに乗ってるジオン兵が、ガンダムを見て「連邦のモビルスーツはバケモノかぁッ!?」というくらい性能差があります。

まぁ、そういう高性能機は、津留崎カメラマンようなニュータイプに使われないと宝の持ち腐れもいいとこなので、編集部員にはザクで充分かも。



けれど、旧型家電製品でザクなD70も、手に馴染めばそこそこの仕事はしてくれるのも事実。

連写機能に頼れない一瞬勝負も、ムダに仕事のやりがいがあって嫌いではありません。



それでも、バスのジャンプショットを撮ろうとすると、被写体のバスにも協力してもらわなければいけないのはもちろん、そういう写真を撮れるかどうかは、アングラーの釣りのスタイルにも大きく関わっているように思います。



「浅いレンジで」「巻いて釣る」のが得意なアングラーを撮っていると、

ジャンプショットを撮るチャンスが多く巡ってくるんです。

あとは集中してファインダーを覗き続け、数撃ちゃ当たる(当たらないこともあります。凡人とザクですから)。



ちなみにニュータイプは、バスが100回跳んだら100回ともバスを空中で静止させ、

かつ全体の構図もピントもビシィッ! とキメます。



さらに……



西村さんの写真をよ~くご覧ください。

そうなんです。ニュータイプの津留崎カメラマン……、ファインダーを覗いてません。

手がファンネル化して、セミオートでターゲットを捉えてます。(ヤマガタ)

2008/10/7

<< 2008/10 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2019年12月号

 今号では、日本人選手たちが目覚ましい活躍を見せた2019年B.A.S.S.セントラルオープンを振り返り、彼らの戦いぶりや来期への展望などをまとめています。
 すでにB.A.S.S.オープンに出場していた加藤誠司さん、伊豫部健さん、木村建太さん、松下雅幸さんに、今年がルーキーイヤーの伊藤巧さん、青木大介さん、北大祐さん、片岡壮士さん、北嶋一輝さんを加えた9名の日本人参戦は史上最多。それぞれ環境も立場も違う日本選手たちは、何のために海を渡り、そこで何を見て、何を感じたのか。参戦初年度でエリート昇格を果たした伊藤巧さんの躍進の理由や、これから待ち構えている試練、師匠である田辺哲男さんから託された言葉などに迫ります。
 また、クライマックスを迎えた国内の主要トーナメントレポートも充実。JB TOP50では超新星・藤田京弥さん、TBCでは利根川の帝王・沖田護さんの最終戦に編集スタッフが密着取材。彼らの圧倒的な強さの秘密や、年間タイトル獲得に至る激戦の模様をお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING