サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

ハラいっぱいです・・・・

ハラいっぱいです・・・・

Basser編集部=写真と文


世間様はお盆休みらしいですが、編集部にはそんなものは微塵もありません。

今日も馬車馬のように働いております (´;ω;`)


さて、先ほど姉妹紙、月刊つり人のヤマネ編集長とアマノさん、

見習い編集バイトの石田クンと昼食へ行ってきました。

石田クンは岩手県にある某大学の3年生で、

編集の仕事を体験したいと飛び込んできた変わり者。

2週間ほどの体験バイトだけど、多くのものを学んでもらえたらと思います。


さてさて、昼食のお話に。


ヤマネ編集長から

「編集の仕事だけじゃなくて、神保町(編集部のある場所です)の名物も
堪能してもらわにゃならんだろ」

との提案が。神保町の名物と編集の仕事がどう繋がるのかワカランけど一同納得。

そして、迷った挙句に向かったのは、バルキーがウリの

「徳萬殿」

神保町通なら知ってるヒトも多いはず。

ヤマネ編集長は

本当は愛してやまない「ラーメン二郎」へ行きたかったらしいのですが……。

ま、それは次の機会に、ということで早速店内へ。





石田クンは、とにかく食う食う! ラガーマンだけあって食欲旺盛です。


チャーハン大盛り(普通のお店の大盛り1.5倍くらい)もペロリと平らげました。








石田クン

いやぁ~、若いってスバラシイ!




それに引き換え、オヤジふたりは……





ヤマネさん

見てください、ヤマネ編集長の、このパンパンぶりを Σ(´д`;)

笑ってしまい、ブレてしまいました、スミマセン。





アマノさん

食べながら滝のような汗が噴き出すアマノさん。

その食べ姿、オヤジ丸出しです……。



えっ? ボクですか? 自分のケータイで撮っていたのでありません。

ということで逃げろっ!



(コバケン)

2008/8/13

<< 2008/8 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

最新号 2019年2月号

第10回オカッパリオールスタークラシック
ザ・キャノンボール/四国の四人編

前号のBasser Allstar Classicに続き、今号ではスターたちの「オカッパリ」バトルを特集!
  10回目の開催を数える今回の舞台は、なんと四国四県!
  折金一樹さん、北大祐さん、早野剛史さん、藤田京弥さんら2018年に輝きを放った、いま大注目のアングラーたちがお遍路道を駆け巡ります。

4名全員が旧吉野川以外のフィールドでオカッパリをするのは初めて。
これまで見たこともなかった釣り場がほとんどを占めるなか、たった2日間下見をしただけで、四国各地で引き寄せ合うように出会う選手たち。
このメンバーがガチでエリアを見極めるとこうなるのか……。

ボートを降りてもトッププロ半端ないって!
  テクニックも、釣果も、節目の第10回大会にふさわしい素晴らしいものに内容になっています。

「米国ツアー最前線」では、前号に引き続き雨貝健太郎さんが激動のアメリカトーナメントシーンを詳報。 B.A.S.S.からの移籍を決意した選手、そして招待を蹴って残留した選手へのインタビューから競技フォーマットまで、 26ページの大ボリュームでお届けします!
  年末年始にゆっくりできる人にも、できない人にも、とにかく読み応え充分の一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING