サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

ダメダメな面々

ダメダメな面々

Basser編集部=写真と文


更新休みがちでスミマセン。

実はBasserと別冊の締め切りが一緒で

めちゃくちゃハードな日々なんです。

よく更新していたヤマガタがここ最近ブログを書いていないのはそのため。

つまり、この時間に編集部に残っているのは

仕事が終わらない部員ということ。






まずは、ヤマガタとササキ

ヤマガタとササキ

ヤマガタにいたっては、ここ一週間、家にも帰っていません。

伸びきった髪がうっとうしいらしく、季節はずれのニット帽を被っています。

早く髪切れよー!



ササキは学校と編集部の行き来だけの日々で、

彼女とデートもできないアリサマ。

このままだと破局するぞー!






続いて新人クッチー

クチイシ

入ったばかりだけど、

そんなのカンケーねぇ!!!(古い?)

くじけて辞めるなよー!





はい、続いてはライターのキンさん

キンさん

このヒトはいっつも入稿が遅くてこの時期はいつもこんな感じ

今回は編集部で軟禁して原稿を書いてもらってます

家に帰らないと子どもが泣くぞー!




そして、オマケ

もともとはバス大好きだったんだけど、

なぜかフライフィッシャーにいるグッチーことヤマグチ君


ヤマグチ

彼も締め切り近くなると必ず遅くまで編集部にいる常連組み(笑)

目が死んでるぞー!




以上、どんよりした編集部からお届けしました



ん? ボクですか??


原稿アップ待ちで今日は泊まりですよ (´Д⊂)


Basserホントにちゃんと発売するのか???


26日に本誌が店頭に並んでいなかったら、


ボクの首は飛んでると思ってください・・・・




(コバケン)

2008/6/19

<< 2008/6 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING