サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

スッパーになりたいアングラー必見!

スッパーになりたいアングラー必見!

Basser編集部=写真と文

スッパー。

スパゲティーや酸っぱいもの好きの人のことじゃありません。

そう、スピナーベイトをこよなく愛するアングラーに対して

田辺哲男さんが命名したありがたぁ~いお言葉なんです。

ハッキリいって、ワタクシ(コバヤシ)はスピナーベイト、

あんまり得意なルアーではありません。

長年、さまざまなプロの方々を取材して

スピナベでバスをキャッチしているのを目の当たりにしてきましたが、

なぜか個人的に「使ってみよう!」と思うルアーではありませんでした。ラバージグと同じくらい。

うーん。なんでだろ。スピナベとラバジって自分の釣りに合わないんです。

信用できないというか、なんというか……。

過去にいい思いをしたことがないという食わず嫌い的な理由からでしょうか。

でも、田辺さんの撮影をして、いかに自分のスピナベに対する知識が

浅はかだったのかを思い知りました。

バカバカ、オレのバカ!

これからは確信を持ってビシバシ投げ倒して、

スッパーにオレはなる!

ということで、26日に発売になります!

ぜひご覧ください!


THE BASIC OF BASS FISHING 11
スピナーベイト講座
田辺哲男
Spinnerbait Basics NORIO’S Method
100min
価格:本体3600円+税



(コバヤシ)





2014/6/24

<< 2014/6 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING