サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

ジャークベイトで釣りたいなや

ジャークベイトで釣りたいなや

Basser編集部=写真と文

そろそろ……

スカッドミノーをチョチョン、ピタッ、ゆら~っとして、グイーン! と釣れるはず。

サイドステップもいいですな~。

ワンテンには昔からお世話になってます。

新作のルドラ・スペック2もひっじょーに気になります。



手前味噌ですが、昨春の本誌(2009年4月号)に掲載された

川口直人さんと沖田護さんの記事を読んでから、

ジャークベイトでよく釣れるようになり、愛してしまいました。

元から好きでしたけど、今じゃ釣りに行ったら必ず投げるルアーですよ。



個人的な感覚ですが、「低水温期のジャークベイト」って

ハードベイトとソフトベイトの中間ややソフトベイト寄りのルアーな気がします。

とくに、ボーズ中にアタリをだすときにラインを張らず弛めずにする感覚などは、

ジグ&テキサスのカバー撃ちや、ジグヘッドワッキーのハング&オフと

よ~く似てる気がする……のは僕だけでしょうか?

ちなみにこれが間違ってても沖田さんや川口さんのせいではありませんよ。

ロッドを立ててジャークしたりとか

ラインスラックの重さでダートアクションに余韻を残したりとか

すでにかなり我流になってますので。



なんて語ったらますます釣りに行きたくなってきました~。

(ヤマガタ)

2010/2/26

<< 2010/2 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING