サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

シーバス・ビッグベイターの中野大輔さん。

シーバス・ビッグベイターの中野大輔さん。

Basser編集部=写真と文
1
山形県・最上川のスーパーロコ、中野大輔さんを取材してきました。
来春発売予定のDVDロケです。

2
タックルはバス用です。
ただし無理に流用しているのではありません。
河川のビッグベイトゲーム、とくにドリフトにはこのタックルが最善なのだそう。

3
ロッドはスーパースタリオン、リールはアンタレス5、ラインはフロロの16Lbです。

4
メインルアーはエスドライブ。
カラーはロケ用の特注(視認性重視)ですがその他のセッティングはノーマル。

5
よさ気な「流れのヨレ」をねらってビュンビュン投げます。

6
一般的なシーバスロッドより強靱なタックルを使っているので
ファイトは余裕。80~90cmクラスは問題になりません。

とはいっても…

7
デカイッ!

8
流れるような動きでファイト…って一瞬滑ってるのも映ってますがw

9
コレもいいサイズ!

ちなみに最上川最下流と河口部のプレッシャーは
全国各地どこのフィールドと比べてもトップクラス(だと今回の取材で知りました)。
アングラーの総数はそれほどではありませんが
有望なストレッチが短く、そこに多数のアングラーが連日のように詰め掛けるからです。

そんな状況でもビッグベイトは効く!

皆様の地域で効くかどうかは…?ですが
ひとつ試してみてはいかがでしょうか。
エスドライブ級ならミディアムヘビークラスのバスロッドで充分に投げられますし。

(ヤマガタ)

おまけ
10週末に霞ヶ浦で釣ってきました。けっこう本気でキャットをねらっていたらバスが4尾も釣れてしまいました。しかもいいサイズのが。ちなみに本命のキャットは2尾でした。
ガルプはバスもキャットもよく釣れますが
とくにバスに効いたな~と感じたのは初めてでした。
ただ、ガルプは動きもかなりいいので
味とにおいで釣れた! とは断言できませんけれど。

2009/11/25

<< 2009/11 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

おすすめ記事

最新号 2018年3月号

[特集]トレーラーベイツ

わき役が輝くすてきなドラマ

 ときにメインとなるルアーよりも選択が重要となるわき役「トレーラー」が今号の主役です。たとえばジグの場合、トレーラー次第でルアー全体のサイズ感やアクション、フォールスピード、イミテートするベイトフィッシュまですべてが変わってくるからです。  巻頭の「THE TAKE BACK」では、田辺哲男さんが真冬の菅野湖をバルキートレーラー+フットボールジグの組み合わせで攻略し2尾の50cmアップをキャッチ。  並木敏成さんはカバージグの黄金コンビネーションを紹介。そのほかスイムジグやフットボールジグ、ワイヤーベイトのトレーラーも細かく紹介。アメリカのツアープロが本気の勝負で投入するトレーラーのトレンドについてもまとめています。  また、2018年に創立30周年を迎えたエバーグリーンの歩みを特集。日本のバスフィッシングシーンをリードしてきたタックルとプロスタッフ陣の輝かしい戦歴はどのようにして紡がれてきたのか。菊元俊文さん、今江克隆さん、清水盛三さん、福島健さんらへのインタビューを交え、その歴史を紐解きます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING