サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

コータロー君DVD絶好調!

コータロー君DVD絶好調!

Basser編集部=写真と文


26日に発売となった川村光大郎さんの最新DVD

「“釣れる”オカッパリの歩き方」

もうご覧になったでしょうか?

すごくタメになるでしょ?

まだ観ていない方はゼヒ購入していただき、

じ~~~~~~~~っくりご覧ください。

DVD-kotaro


んで!

コータローさんから本作について熱いコメントをいただきました!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんにちは、川村光大郎です。

この度つり人社さんより

「”釣れる”オカッパリの歩き方」なるDVDをリリースさせていただきました。

このDVDをやるに至っての経緯は、

自分はイベントなどで多くの方と話をする機会があるなかで、

「バスフィッシングを始めてはみたものの、なかなか釣れない」

「釣果が伸びない」といった声が多かったことに起因しています。

確かに、自分は既にバスフィッシングを始めてから30年近いことから豊富な経験もあり、

かつてはバスも多く、今ほどスレていなかったことから

ヘタクソでもマグレ当たりで釣れることがあり、

マグレでも釣っていくうちに「釣れる方法」を学んでいくことができました。

しかし今はどうか?バスの個体数は安定期に入っていることで少なく、

バスも当時とは比べ物にならないくらい賢くスレました。

マグレもそうそう起きてくれない状態で、

せっかくバスフィッシングに興味を持って始めてくれた人でも、

独学ではその面白さに辿り着く前に「釣れない、つまらない」でやめてしまう、

やめなくとも本当の面白さ&深さに極めて行き着きにくいと思うのです。

もし自分が今この時代にバスフィッシングを始め、

教えてくれる人もいなかったら・・・釣れずにやめてしまうかもしれません。

絶対に釣れたほうが面白い!

釣れたときの嬉しさは何年釣りをしていても新鮮で、だからこそやめられません。

だからこそ、自分がこれまで培ってきた「釣るためのコツ」をギュッと凝縮して

“そのとおり実践してもらえれば釣れる”そんなDVDを作りたいと思ったのです。

「押さえどころ」を知っているかいないかで、釣果は全然変わってきます。

もちろん、キャストなどは体で覚えて上達するものですから、

見てそのまま実践しようにも、思うようにいかないこともあります。

しかし、道具の進歩によって、

かつてよりキャストははるかにイージーになったことは確かです。

バスフィッシングの面白さや奥深さは、

まだまだこのDVDだけで伝え切れるものではありませんが、

釣るためのコツは目一杯盛り込みました。

釣果に悩んでいた方も、このDVDで釣るコツを頭と体に染み込ませ、

そこからさらに深くバスフィッシングにハマっていくきっかけになれば最高です。

川村光大郎

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コータローさん、熱いコメント、ありがとうございます!!!!



4月末には第二弾も発売予定です!

お楽しみに!!!



2015/3/31

<< 2015/3 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING