サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

コボレネタ3

コボレネタ3

Basser編集部=写真と文

はい、コボレネタも最終回。


ダラスの夜編です。


ショッピングモールで買い物を楽しんだあと、

レンタカーでモーテル探しです。

実はモーテルの予約を取っていなかったのです。


「オレを誰だと思ってんだよ。アメリカ参戦していたときは、

いつもこんな感じだったからヘーキだよ」と並木さん。


しかし、運悪く、この日はダラス周辺で

ナスカー(アメリカで人気のカーレース)と

モトクロスのレースが開催されているらしく、どこも予約でいっぱい!!!

こりゃヤバイと何軒かアタックし、なんとか予約を取ることができました。

しかし部屋は……ワンベットルーム。

まぁ贅沢を言ってはいけないですね。

この夜、ワタシは同行したヒシ兄とベッドを共にしました……。

キャッ(=゚ω゚)人(゚ω゚=)


ジョーダンです。


キングサイズだったのでゆったり寝れました。




さてさて、無事にモーテルに入り、すぐにダラス郊外にある

日本食屋「Teppo」へ向けて出発しました。


しかし、レンタカー屋にもらった地図の縮尺があまりにも大きく、

なんと道に迷ってしまいました……。




001

予約の時間に間に合うのか!!!!





002

予約の19時から遅れること15分、無事に到着!

この時間帯のストリートは、まだ静かでした。






んでもって、前にも書きましたが、ウッチーとマサさんの日本食を堪能したボクら。

外へ出てみると……



004

どこから湧いて出てきたのか、若者だらけでした!


この一帯は若者向けのバーが多いんだとか。



街中はヒップホップ系の音楽が鳴り響き、

ホロ酔いの若者に写真を撮ってくれとせがまれ……




003

誰だよ、キミタチは……

しかも、キミタチのクルマじゃないだろ(笑)

ま、並木さんもここで写真を撮りましたけどね!




ちなみに、帰り道も道に迷い、モーテルに戻るのに数時間かかりました。

いや、実はワタシ、酔っ払って寝ちゃってしまい、覚えてないんですよ。


こんな感じで取材最終日の夜は更けていきました。


またいきたいなーー!!!!


おしまい。


(コバケン)

2008/4/20

<< 2008/4 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2018年5月号

大森貴洋B.A.S.S.通算7勝目の舞台裏

 今号では、大森貴洋さんが見事優勝を果たしたB.A.S.S.エリートシリーズの開幕戦を巻頭で詳報しています。
 ビッグウエイトが期待できないフィールド、しかも水温ひと桁台という状況で、なぜ2位に7Lb(約3kg)もの大差をつけて優勝できたのか。
そしてバルサ製のクランクベイトを得意とする大森さんが、ABS製のクランクベイトを使った理由なんだったのでしょうか。
大森さんの精神面や戦略、「神様」リック・クランとの物語など、アメリカ在住ライターの雨貝健太郎さんによる胸が熱くなるレポートは必読です。
 そして特集はスピナーベイト。
ブレードとアーム、スカートの集合体であり、自然界の生物とは似ても似つかないこの不思議なルアーを掘り下げます。
 特集冒頭では、北大祐さんが自身の多用するスピナーベイトを大公開。「その数は無限大」という言葉の意味とは……。
 その他、川村光大郎さんの2kg級バス捕獲劇や、12尾の釣果を記録した津輕辰彦さんの細やかなスピナーベイトローテーション、
そして「スピナーベイトは死んでいない!」と断言する黒須和義さんの琵琶湖スピナーベイティングなど見どころ満載です。
 また、今号ではsiteBとの連動企画として、さまざまなスピナーベイトのスイム動画をすべて公開。
通常スピードとスロー再生による映像で、スイム姿勢やバイブレーションの強さ、ブレードの回転幅やピッチ数まで明らかにします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING