サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

グラスコンポジット or 低弾性カーボン? 2本の巻きモノ用アドレナ

グラスコンポジット or 低弾性カーボン? 2本の巻きモノ用アドレナ

Basser編集部=写真と文

この春、ジャッカル×シマノがハイエンドの
「ポイズン・アルティマ」を発表しましたが

「ポイズン・アドレナ」のニューモデルも魅力的です。

とくに伊豫部健さんと川島勉さんが手がけたそれぞれの「巻きモノ」用2本は、
ハードベイト好きなら一度は手にとって、できれば振ってみてほしい(店頭じゃ難しいか……)と思う素敵なロッドです。

ポイズン・アドレナ1610M-G
1
おおよそグラス40%、カーボン60%のコンポジット。
振った感じは「ホントに40%もグラス使われてるの?」と思うほどシャープで、アキュラシーキャストもズバズバ決まりそう。
でも、力を掛けて、じわーっと深く曲がっていく感覚はまさにグラスで、しっかり曲げてファイトすれば、バスに不意に飛ばれようが、方向転換されようがバレにくい。
B.A.S.S.オープンで今期も好調のイヨケンさんが3/8~5/8oz(この前後もイケる)のクランクベイト、バイブレーションのためのモデルとして開発。
シングルフック系の巻きモノ(スピナーベイトやスイムジグなど)用の1610Mと併用することでシャローの巻きモノの大部分をカバーすることができる。



ポイズン・アドレナ168ML
2
亀山湖のキャスティングモンスター、川島さんが手掛けた低弾性カーボン製。
操作系ハードベイトのトップウォーターやジャークベイトから、軽~中量級の巻きモノ(小型クランクやシャッド)に対応する。
ひと振りしただけで、軽いウエイトもしっかり背負ってくれるのがよくわかり、しかも余計なブレがほとんど起きないので、とっても投げやすそうだ。
「硬質なカリカリとした感度を備えながら、投げたり、寄せたりする場面では低弾性カーボンの特徴が出て、深く曲がったところからしっかり反発してくれます。カーボンモノコックグリップで感度を高めた不思議な巻きモノ用、使っていて楽しいロッドです」と川島勉さん。
ちなみにこのロッドはイヨケンさんもお気に入りで、おもにジャークベイトに使っているとか。

東西(日米)の巻きモノ大好きアングラー、川島勉さんと伊豫部健さんの強力タッグが手掛けたこの2本、要注目です。

(ホリベ)

2014/4/8

<< 2014/4 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING