サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

クラシックの会場は

クラシックの会場は

Basser編集部=写真と文

バスケなどにも使われるアリーナです。

ご存じの方はご存じのとおり、車で牽引してバスボートごと入場します。

01
この写真は、ちょうどモリゾーさんがステージに登ろうとしているところ。

ステージの後方や天井から吊るされた大型モニター、

ぐるりの電光掲示板にも「MORIZO SHIMIZU」の文字。

そして、大歓声。モリゾーさん、アメリカでも大人気です。

しゃべりで笑いをとれるところも日本といっしょで、ファンに愛されてます。



ちなみに僕、この写真を撮る直前までステージ真正面のカメラマン席にいました。

で、MCが

「○△♪□◎〒☆~ッ! MORIZO SHIMIZU!!」

とコールしたのを聞いてからこの撮影位置へ走ったので

かなりハァハァしてしまいました。



会場には、

小笠原康高カメラマン、斎藤静吾カメラマン、万屋・雨貝健太郎さんもいたので、

腕がない編集部員が写真のバリエーションを増やそうとすると体力勝負になり、

けれどその体力が衰えているという役立たずっぷり。



で、肝心の写真がこの程度……orz

光量が足りないのに、

一脚さえなかったから感度上げ上げだし、

そもそもボディーが古いし、

レンズに手ブレ防止もついてないしで、ひどいもんです。

撮影してるときだけは、「ウエイインショーはやっぱり青空の下が1番でしょ!」

と、思いました。


(ホリベ)

2011/3/3

<< 2011/3 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING