サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

キャリル営業20周年記念エコバッグとワンナップ・魂

キャリル営業20周年記念エコバッグとワンナップ・魂

Basser編集部=写真と文
沢村幸弘さんと高橋晃さんは、今シーズン、公式トーナメントでウェインしたバスに応じて植林活動と環境保全への寄付活動をしています。
 この活動に共感された方が製作したのがこのエコバッグ。購入代金の500円はそのまま寄付金としてNGOへ送られます。

karil
キャリルロゴと営業20周年記念の文字が染め抜かれ、綿100%、無漂白生成の生地を使用。ECOバックは環境にやさしい製品なので、エコマーク認定番号「第03104136号」に指定されています。僕も500円寄付して1枚いただいてきました。小さく折り畳んでジーンズの尻ポケットに突っ込んでおこうと思います。昼飯ついでに釣具店や本屋へ行ったときに重宝しそうです。

2台のリールは撮影用に沢村さんからお借りしてきたもので、ピクシーにはキャリル・ハイレブチューンが施されています。スピニングリールは’01ステラ。ともにライトライン対応機として愛用されているリールです。

取材の内容は、ライトラインのメリットと、それを使ううえで注意すべきことなどについてです。ドラグの設定、スピニングとベイトそれぞれでライトラインを使用したときのファイト方法の違いなど、マニアックな内容です。

tamashii03
沢村さんのブログをご覧になっている方はかなり気になっているはずの新製品、「ワンナップ・魂」も見せていただきました。が、「発売まで記憶を消しておいてね」とのことですので……、ハイ、忘れました(笑)。7月初旬の発売を予定しているそうです。

ルアーのジャンルだけでも……、いや、アレがこうで……、書きてぇ~~~っス!! (ヤマガタ)

2008/5/29

<< 2008/5 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新号 2018年5月号

大森貴洋B.A.S.S.通算7勝目の舞台裏

 今号では、大森貴洋さんが見事優勝を果たしたB.A.S.S.エリートシリーズの開幕戦を巻頭で詳報しています。
 ビッグウエイトが期待できないフィールド、しかも水温ひと桁台という状況で、なぜ2位に7Lb(約3kg)もの大差をつけて優勝できたのか。
そしてバルサ製のクランクベイトを得意とする大森さんが、ABS製のクランクベイトを使った理由なんだったのでしょうか。
大森さんの精神面や戦略、「神様」リック・クランとの物語など、アメリカ在住ライターの雨貝健太郎さんによる胸が熱くなるレポートは必読です。
 そして特集はスピナーベイト。
ブレードとアーム、スカートの集合体であり、自然界の生物とは似ても似つかないこの不思議なルアーを掘り下げます。
 特集冒頭では、北大祐さんが自身の多用するスピナーベイトを大公開。「その数は無限大」という言葉の意味とは……。
 その他、川村光大郎さんの2kg級バス捕獲劇や、12尾の釣果を記録した津輕辰彦さんの細やかなスピナーベイトローテーション、
そして「スピナーベイトは死んでいない!」と断言する黒須和義さんの琵琶湖スピナーベイティングなど見どころ満載です。
 また、今号ではsiteBとの連動企画として、さまざまなスピナーベイトのスイム動画をすべて公開。
通常スピードとスロー再生による映像で、スイム姿勢やバイブレーションの強さ、ブレードの回転幅やピッチ数まで明らかにします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING