サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

キャリル営業20周年記念エコバッグとワンナップ・魂

キャリル営業20周年記念エコバッグとワンナップ・魂

Basser編集部=写真と文
沢村幸弘さんと高橋晃さんは、今シーズン、公式トーナメントでウェインしたバスに応じて植林活動と環境保全への寄付活動をしています。
 この活動に共感された方が製作したのがこのエコバッグ。購入代金の500円はそのまま寄付金としてNGOへ送られます。

karil
キャリルロゴと営業20周年記念の文字が染め抜かれ、綿100%、無漂白生成の生地を使用。ECOバックは環境にやさしい製品なので、エコマーク認定番号「第03104136号」に指定されています。僕も500円寄付して1枚いただいてきました。小さく折り畳んでジーンズの尻ポケットに突っ込んでおこうと思います。昼飯ついでに釣具店や本屋へ行ったときに重宝しそうです。

2台のリールは撮影用に沢村さんからお借りしてきたもので、ピクシーにはキャリル・ハイレブチューンが施されています。スピニングリールは’01ステラ。ともにライトライン対応機として愛用されているリールです。

取材の内容は、ライトラインのメリットと、それを使ううえで注意すべきことなどについてです。ドラグの設定、スピニングとベイトそれぞれでライトラインを使用したときのファイト方法の違いなど、マニアックな内容です。

tamashii03
沢村さんのブログをご覧になっている方はかなり気になっているはずの新製品、「ワンナップ・魂」も見せていただきました。が、「発売まで記憶を消しておいてね」とのことですので……、ハイ、忘れました(笑)。7月初旬の発売を予定しているそうです。

ルアーのジャンルだけでも……、いや、アレがこうで……、書きてぇ~~~っス!! (ヤマガタ)

2008/5/29

<< 2008/5 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

おすすめ記事

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING