サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

オールスター会場イベント情報 2

オールスター会場イベント情報 2

Basser編集部=写真と文
「その2」です。
まだまだ続きます。

DSC_0024

































グレンフィールド
●ジールオプティクス、バニーウォーク偏光グラスの展示
 ニューモデルがめっちゃカッコいいです。ジールのフレームはほとんどのモデルに鼻パッドが付いていて、レンズがまぶたに当たらないように簡単に調整できるので好き。
●持ち込み偏光グラスの調整
 専門家によるフレームの掛け心地調整(フィッティング)は一度は体験してみるべき! と強くオススメします。あなたのフレームが「顔にスコッと収まって、締めつけ感がないのにズレない」フレームに変身します。

アウトレック
●ロッドの展示
●ステッカー、ロッドなどの販売

プロショップオオツカ
●販売
 9月の「つり具おおつか長野店」オープンに向けて死ぬほど忙しそうだった大塚茂さんのプロショップです。

リベルタ(ルミノックス)
●車輛の展示

ベイトブレス
●スピードくじ
●限定グッズ販売
●新製品(ロッド等)の展示

テーパーアンドシェイプ
●アウトレット・ルアー、ロッドの販売
●マキ・モノRSPの試投会
●クロッサーシリーズの試投会
 “テーパーの魔術師”島津靖雄さんが手がけるテーパー&シェイプブースの目玉はニューロッドの試投会。個人的に注目なのは、ピュアグラスブランクに最新スペックのガイドを搭載した「マキ・モノRSP/GMMRC-63MLB」。シングルハンドキャスト派のクランカーは、触ったらきっと欲しくなると思いますよ。

山本光学(スワンズ)
●クジ引き
 何年か前にコバケン先輩が500円で偏光グラスをゲットしてました。大会期間中、運営スタッフは基本的にはバタバタしてますが、「隙あらば引く」姿勢で臨みます。
●サンプルセール

ギークス
●販売
 「まっつん」の愛称でお馴染み、松下雅幸さんのメーカー。去年は購入者の希望でオリジナルカラーのマツラバをその場で巻いてくれました。

ジャッカル
●クジ引き
●新製品の展示
●記念ルアー、グッズの販売
 もう10年くらい「オールスター限定カラールアー」を販売しています。ジャッカルのオールスター・オリカラの特徴は「ガチで釣れる」こと。イベントの限定カラーというと、記念品的な色に塗るのが一般的だと思うんですけど……。釣れるうえに本当に「限定」なので、買い足しが利かないのが悩ましいくらいです。今年はどのルアーのオリカラなんでしょう?

ツネミ(エンジン)
●タングステンシンカー・割り箸つかみ取り(なくなり次第終了)
 釣りをしていれば絶対にシンカーは使いますよね? つまり「つかみ時」なんです、このときが。ちょっと器用なら、絶対に使うものを金額以上にゲットできるんですから。しかもけっこう燃えるので、友人と何gウエイインできるか勝負してみては?
●スペルバウンドシリーズの展示
 とくに村川勇介さんが手がけた撃ちモノ用の「68(6ft8in)」シリーズは、ぜひ手にとってください。ティップがフッと浮き上がる感覚は、縦さばきフェチ、ズル引きフェチの心にグサッと刺さるはずです。
●フォールクロー、ナックルウォーマー(オールスターオレンジカラー)
※TSUTTAサイトで販売中!

ここまで20社。まだ半分いってません(汗)。

(ホリベ)

2013/10/17

<< 2013/10 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

おすすめ記事

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING