サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

オールスタークラシック2011

オールスタークラシック2011

Basser編集部=写真と文
オールスタークラシック2011、

閉幕しました!

12月26日発売号の校了5時間後には現地へ出発という強行スケジュールでしたが、

無事、というか超大盛況で、

会場の水の郷さわら、選手、スタッフ、

そして何より観客の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

大会のプチレポートはこちら↓をご覧ください。

DAY1 


DAY2

ツイッター(@Basser_editor)のハッシュタグは

♯BasserALLSTAR2011  

です

もちろん、12月26日のBasserでも、

全選手の行動記録や詳細なレポートを掲載します。


編集部員は昨晩ヘロヘロで帰宅し、

今は荷物の整理などを行なっているところです。

この下は、会場で撮った写真です。


no title

初日未明。アングラーもプレスも集合前でまだ静かです

1

「オールスターは雨が降らない」はずなのに、初日は朝から雨!
それなのに、多くの観客がまだ暗いうちから集まってくれて感激!


2

スタート前。結局、初日はほぼ1日雨でした。
とくにウエイインショー終盤から撤収の時間は
「嵐」のレベルでした


3

4

5

そしてDAY2。雨は上がっていました!
朝からかなりの観客が来てくれてまたまた感激!

暗いうちからランチング

7

8

そしてウエイインショーを前に、会場は人、人、人!

スタートからウエイインまで空いてるのは、
運営などでバタバタしてて写真を1枚も撮ってないからです(汗)。
もちろん、誌面には掲載しますよ!
メーカーブースやビンゴ、チャリティーオークションなど、
見どころもりもりでした。



9

5位の大塚茂選手
2日目は朝の15分で2尾をキャッチしたそうです


10

4位&ビッグフィッシュは初出場の山本寧選手
2010年のW.B.S.クラシックウイナーです
初日の1700gでビッグフィッシュ賞も獲得!


11

成田紀明選手が3位。
2日目、12名がノーフィッシュに沈むなか、
3尾で3200gをマーク!


12

最後の選手のウエイインまで暫定トップ席に座り続けていたのがこの人、
小森嗣彦選手。
今シーズン、TOP50では不調でしたが、シーズン最後に魅せてくれました。
トータル7430gで準優勝!


13

ウエイインショーの大トリは吉田秀雄選手!
初日を4690gと圧倒し、2日目は唯一のリミットメイク。
130g差で小森選手をかわして勝ちを決めました!


14

今年もありがとうございました!

2011/11/21

<< 2011/11 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

おすすめ記事

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING