サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

オールスタークラシック情報です。

オールスタークラシック情報です。

Basser編集部=写真と文
11月19、20日(土・日)のオールスタークラシックまで

あと1週間……、

あと1週間!?

いろいろヤヴぁい気がしますけど会場のご案内です。



すでに『Basser』では10月26日売りの号から告知している内容ですが、

当日の混雑緩和と、会場に隣接する「道の駅」「川の駅」の利用者に

迷惑をかけないために改めてご一読いただき、

ご協力をお願い申し上げます。


●スケジュール(予定)

11月19日(土)/初日

6:00  ランチングインタビュー(時間は日の出を目安に)

6:30  スタート(前倒しあり)

14:00~ ウエイイン


11月20日(日)/最終日

6:00  ランチングインタビュー(時間は日の出を目安に)

6:30   スタート(前倒しあり)

13:00~  ウエイイン

●会場

千葉県香取市「水の郷さわら」の河川マリーナ

●アクセス

電車利用の場合

JR成田線佐原駅下車。徒歩15分。またはバス、タクシー。

車利用の場合

東関東自動車道・佐原香取ICから県道253号を経由して国道356号を左折(インターから約4.5km)



※当日の会場周辺は混雑し、駐車場もいっぱいになることが予想されます。
 電車、バスなど公共交通機関での来場にご協力ください。



周辺地図
01


車で来場した場合の順路
02
※駐車場の開放はam4:30です。あまり早くから河川敷等に並んで、
 近隣住民の方に迷惑をかけることのないよう、お願い申しあげます。

※一般駐車場がいっぱいになった場合は、「道の駅」「川の駅」の駐車場ではなく、
 佐原駅前などの公共駐車場(有料)をご利用ください。


03
※「関係者用駐車場」は、基本的にブース出店するメーカーの商品・賞品の搬入車両用です。
 このスペースへ観戦者の駐車はできません(ゲート通過には専用パスが必要です)。
 ご了承くださいますようお願いします。

※「選手駐艇エリア」は、場内での事故防止と防犯上の理由から、
 侵入を制限させていただきます。
 が、日曜日のファンサービスタイム中はもちろん別です。

※最終日(20日・日曜日)のみ、観戦者用駐車場と会場の間を
 無料シャトル船(和船)が運航します!
 「道の駅」でお土産などを買ったはいいけど、抱えて観戦するのも
 歩いて駐車場に戻るのも疲れるな~……、というときにぜひご利用ください!
 運航時間は日の出から日没まで(おおよそ6時30分から16時まで)を予定。
 当日の天候次第では若干、変更になるかもしれないことをご了承ください。


スタート時の声援はこちらの場所からどうぞ!
04
※ふたつのギャラリーエリアの間がスロープです。横断する際はご注意ください。

※とくに未明の足もとが見にくい時間帯は川に落ちないようにご注意ください。


という感じです。

初めての会場なので、どの程度、混雑するのかけっこう心配……。

混雑緩和とトラブル防止へのご協力、よろしくお願いしますm(..)m

(ホリベ)

2011/11/11

<< 2011/11 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING