サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

ウキウキ気分が一転。

ウキウキ気分が一転。

Basser編集部=写真と文
 ササキです。

下のブログにあるとおり、

ウキウキ気分で新品のCRリーダーをパソコンにセットしていた僕。

ついにこのパソコンでDVDが観れる(もちろん仕事で)!

カシャカシャ……(鼻歌交じりに作業中)。

プッン

は?

やってしまいました。何がどうなったのかは知りませんが、

上司のパソコンの電源を落してしまいました。

しかも、そのパソコンは再起動してもフリーズ。


想像してください。

編集部の中で僕の立場は最下層。

そんな男が、あろうことかウキウキで作業中に

不注意から上司のデータを飛ばしてしまった。

当然、何十時間もかけた原稿や

二度と戻ってこない大切な画像とかもあるわけで。

ポカーン……。

一瞬にしてヒリつく僕。

絶望する上司のIさん。

プリーズタイムマシン。





しかし10分後、時間は戻りませんでしたが、

パソコンの調子はカムバックしました。

ありがとうございます。

ありがとうございます。

ありがとうございます。

パソコンの神様、ありがとうございます。

そしてIさん、

ごめんなさい。

これから二度と同じあやまちは犯しません。

落ち着いてサンダルを見ると、

足汗による水滴がありました。

教訓:共有コンセントの抜き差しをするときは、
   ほかの人のパソコンが寝ているときにすること。

みなさまも気をつけてください。

(ササキ)


トシと行くアマゾンツアー



http://www.e-tsuribito.jp/pages/info/090206/090206.php


2009/2/19

<< 2009/2 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING