サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

イヨケンの“ぴよぴよ”

イヨケンの“ぴよぴよ”

Basser編集部=写真と文

バスが狂うテクニック

イヨケンの“ぴよぴよ”

操作の仕方はまんま“ピクピク”なのですが

イヨケンさんは“ぴよぴよ”と呼びます……、なぜかは知りません

1
青蓮寺湖(三重県)の川筋にいい感じのレイダウンを発見

湖に着いたばかりで下見の最中だったので
ぴよぴよでバスの反応を見つつ遊ぶことに

クリックして拡大してご覧ください

バス、完全に狂ってます
ルアーの奪い合いです
2
3
4
5
6

レイダウンの際を引くと
通過後にバスがワラワラと出てきます
7
ぴよぴよ……
8
このときは沈めると絶対に食わなかったので
バスにガン見されてもぴよぴよし続けます
9
ぴよぴよ……、鼻先まで寄りました
さらにぴよると食います
10

三重の老舗フィールド、青蓮寺湖での取材ですから
コレだけでも充分誌面のネタになります

が、1日半の実釣でイヨケンさんがあまりにもバカスカ釣りまくったので
“ぴよぴよ”ネタはお蔵入りになりそうな予感……

それもモッタイナイ話なので
“ぴよぴよ”フィッシュだけ次号の誌面に先駆けて公開します
11
12
13
ギルも狂います
14
徐々にスレてはきますが
レイダウンに対して投げる角度(引く角度)を変えることで
違う魚が反応して釣れ続きました
15

「(“ぴよぴよ”は)コレくらいにしとこうかw」
16
……ということで、以降は“ぴよぴよ”を封印
ハードベイトメインの夏っぽい釣りに徹してもらいました

いい魚がバンバン出ています

高水温期のハードベイトのコツも詳しく解説してもらいましたので
次号をお楽しみに!

最後に“ぴよぴよ”ベイトの紹介
00
「プリティシャッド18」のノーシンカーワッキーです
くびれの位置にマスバリをチョン掛けしてください
ボディーの前後が異なる波長でぴよぴよするのがミソ

セコッ! とか思っても試してみてください
とくにマッチ・ザ・ベイトにハマるとビックリするくらい魚が湧いてきます

[タックル]
ロッド:ポイズン・アドレナ270L(シマノ×ジャッカル)
リール:ステラ2500S(シマノ)
ライン:FCスナイパー4Lb(サンライン)
※スピニングタックルはこの1セットしか持って行かなかったので、“ぴよぴよ”にはだいぶ強めです。専用に組むなら、ロッドのパワーはULクラスがオススメ

(ホリベ)

2014/8/1

<< 2014/8 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING