サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

アングラーズリパブリックのNew EDGEを試しに行ってきます。

アングラーズリパブリックのNew EDGEを試しに行ってきます。

Basser編集部=写真と文

数日前、編集部にとても気になる新製品が届きました。

e_002
アングラーズリパブリックの新しいEDGE(エッジ)シリーズ、フルラインナップです。

撮影用としてお借りしたのですが、

「使ってみてもらってもいいですよ」とのこと。



空き地や河原の土手でキャストしただけで

釣具の性能がわかるはずもありません。

やっぱり実際にバスを釣ってみないと。



ということで、明日、釣りに行ってきます。

もちろん仕事として。

どこに行くかは秘密。

ボコボコでウハウハの(はずの)関東の某メジャーフィールドです。



ただ釣りをするだけじゃツマらんので、

ササキとクッチー(新人)にオカッパリ・オールスターふうに戦わせます。

まずはロッドセレクト。

使えるのはひとり2本まで。

ジャンケンにより、ササキ、クッチー、ササキ、クッチーの順に1本ずつ選択。



ササキはベイトの「664」とスピニングの「631」をチョイス。

「撃てて巻ける万能ベイトと、ジグヘッドワッキー用のスピニング」だそうです。



一方のクッチーは2本ともベイトで「665」と「604」をチョイス。

「665」はスピナーベイト用で、「604」はシャロークランク用に、とのこと。

ちょい硬めが好みなのか? これならジグやテキサスも十二分に扱えます。



残り物には福がある、ということで僕(ヤマガタ)も2本をチョイス。

ベイトの「666」とスピニングの「662」です。

「666」はジグ用、「662」はライトリグ用と割り切ることにしました。



ロッドを2本に絞るのはけっこう迷うのですが、EDGEはテーパーが素直なので

汎用性はかなり高いです。

また、重心位置がフロントグリップの先端付近にあるので

リールをセットした状態での持ち重り感はほとんどナシ。



まだ釣っても投げてもいませんが、さすがEDGEブランド。

いいロッドだと思います。(ヤマガタ)

e_001
昼飯ついでに近所のショップでルアーを買い込んできたササキ(右)とクッチー(左)は、ともに23歳。若者同士、明日は白黒つけてもらいましょう。自称、沢村幸弘さんの弟子・ササキ(沢村さんは不本意でしょうけど)は、先輩としての面子を保つためにも初対決でガツンとかましておきたいところ。一方、クッチーが尊敬するのは小野俊郎さん。けど、クッチー、まだ「初バス」を釣ってないときた。師事されても、尊敬されても迷惑そうなふたりの対決の行方やいかに!?

2008/4/2

<< 2008/4 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

おすすめ記事

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING