サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

アメリカから帰ってきました!

アメリカから帰ってきました!

Basser編集部=写真と文
先日、無事に帰国しました。

いんやぁ~~~、おもしろかった!

アメリカでもちょくちょくブログをアップしましたが、

やはりネット環境が悪く、そんなにアップできませんでした。

ということで、小出しにコボレネタを写真と動画でお伝えしていきますね!




モーテルに戻り、サイトとブログをアップする担当、ヒシ兄。

忙しいけれど、eつり動画のアップ、よろしくです(・∀・)







アップされた写真と動画をチェックする並木さん。

toshi-01







2日間の取材を終えた翌日は、

フランクさんとブレントさんを囲んで

食事会をしました。

シーフードのお店だったんですけど、やっぱり揚げ物オンリー。

そして、食事が終わると……



toshi-02

並木さんのタックルをマジマジ観察。

ふたりとも興味津々!

やっぱり日本のタックルはアメリカでも人気が高いそうです。





そして、食事が終わった後、早朝の飛行機でダラスへ移動するため、

一睡もせずにそのままペンサコラ空港へ。

待ち時間の間、ずっと運転してきた並木さんは……










本当にお疲れさまです!!!



後半へ続く



(コバケン)

2008/4/8

<< 2008/4 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING