サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

アイオビー来社

アイオビー来社

Basser編集部=写真と文


釣りーっす


昨日書いたとおり、

昼過ぎに新幹線に乗ってアイオビーがやってきた。

アイオビーって誰だかわかりました?

外人さん??

ノンノン!

あるヒトの名字をアメリカ人が読むと

こういう発音になるそうです。

IOBEE?

いおべぇ。

ノンノン!!!


IYOBE

イヨベ。

そうです。

イヨケンこと伊豫部健さんでしたー

彼のブログにすでにアップされていましたので、

そちらを見た方はわかっていたと思います。



201012211418000


昼食は、赤羽修弥さんや青木大介さんを連れて行って

「おいしい!」と評判のよかった欧風カレー「ボンディー」。

イヨケンも「少し辛いけどウマイ!」と満足していました!


食後は3時間しゃべりっぱなし .。゚+.(・∀・)゚+.゚

アメリカチャレンジの裏話など

とても楽しい時間を過ごすことができました。

いやぁ~、熱い漢ですよ、イヨケンは。



んで、この後に某出版社に行くっつーことで、

住所を調べて最寄の駅を教えて、

ウチの会社近くの神保町駅まで送ると、

「やっぱり電車怖いんでタクシーで」とイヨケン。

子どもかよw

しかも、

「タクシー呼び止めるの怖いんで、代わりにタクシー止めてください」

とイヨケン。

どんだけ子どもだよww


しょーがないので交差点でタクシーをつかまえ、送り出しました。

SN3M0088_0001

プリントアウトした某出版社までの地図を運転手に見せて説明するイヨケンw




「東京駅から外に出られないので迎えに来て」

という信じられない電話をしてきた去年に比べたら、

自力で東京駅からタクシーで会社近くまで来た今年は、

少しだけ進歩したんじゃないかと。ね、イヨケンw



さて、もうちょいしたら今度は「あの方」が来社。

続きはヤマガタが書くでしょう。


でわでわ。


(コバケン)










2010/12/21

<< 2010/12 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

おすすめ記事

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING