サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

アイアンホーク・フックセッター・山岡計文さんセレクション

アイアンホーク・フックセッター・山岡計文さんセレクション

Basser編集部=写真と文
タイトルのロッドシリーズの解説動画が、

つい先ほど公開になっていました。

既存のアイアンホーク・フックセッター5機種は、

琵琶湖プロガイドの平村尚也さんが、

「この5本を揃えれば、琵琶湖で普通に一年間釣りをして、ほとんど困らないようになるように」というコンセプトで、それぞれの専用性と汎用性をバランスよく、シリーズとして作り上げたロッド群でした。



そして、このたび発表になった3機種は、山岡計文さんがリザーバー攻略用として選び、
アイアンホーク・フックセッター用に設計し直したロッド群ということになります。

番手は……

IHHS62SULJ
IHHS64SULJ“ミドストSP”
IHHS66CMLJ


01
2011年11月、池原貯水池にて、「ミドスト道場」取材。カナザワさんとしこたま釣らせていただきました。難しいと思っていたミドストを、いい意味で「適当かつアバウトでいいんだ!」と信じ込ませてもらった取材でもありました。先生のお手本は51cm

02
2012年4月、さめうら湖にて、JB TOP50取材。前年のミドスト取材で、山岡さんのリザーバースペシャリストッぷりに触れ、初日から同船取材をお願いしました。地元の奈良じゃなくて高知だけど、リザーバー戦という意味ではアウェイじゃないよな……と、それで勝っちゃうんだから、さすが“リビングレジェンド”だなァ~。最大魚は1800g。長さも50cmくらいはあったかと

03
2012年6月、七色貯水池にて、水面系シバリでのテクニック取材。優勝に立ち会えたさめうら湖での取材を受けて、その試合でメインパターンになるはずだった“ピクピク”などを取材させてもらいました。で、57cmをキャッチ! ほか40cm台後半を含めていい魚多数

……というように、これまでの山岡さんの取材は、実はすべて繋がっていたんです。そしてそのことごとくで50cmクラスを釣ってしまった山岡さん。釣り場は全部違うところなのに、“リザーバー”という共通点だけで……

正直「この3本でOK」と言うには偏った3機種だと思う自分がいる一方で、
山岡さんらしいリザーバー攻略には、やっぱりこういう3機種ですよね、と思う自分もいます。

現在リザーバーに通っている方も、これからリザーバー通いを始める方も
要注目の山岡セレクションだと思います。

(ホリベ)

2013/12/9

<< 2013/12 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING