サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

ちょっとB.A.S.S.バスマスタークラシックへ

ちょっとB.A.S.S.バスマスタークラシックへ

Basser編集部=写真と文

行ってきます。

仕事です。が、英語、できません。

なのに、同船取材です。でも、楽しみ。



健太郎さんが、プラで●●●●、本戦1日目に●●●ーさん、

本戦2日目に●●●●ーに乗ります。

バンダム、リース、アイコネリは向こうのメディアが押さえました。



けれど、クラシックに余りもの的な選手なんていません。

「クライン(1日目)とスクロギンス(2日目)に乗りたい」

という僕の要望がスルリと通りました(なぜだ?)

ふたりとも、シャローマンで超一流のフリッパーです。

今大会が開催されるルイジアナデルタは広大なシャローウォーターですから

ここでの力関係はバンダムやリースより上(アイコネリは前回、2003年のルイジアナデルタ・クラシックで勝ってます)。

優勝候補の一角です。間違いなく。

なのに、なぜ日本からの一見さんがそんな超有望どころに同船できる?

答えは

「あ~、冬のデルタ戦は過酷すぎて

アメリカのメディアが同船したがらないからだよ」

と、健太郎さん。空席だらけなんですね。

クラインもスクロギンスも、

最低気温0℃のなかを、時速100kmで片道2時間半の彼方へぶっ飛ぶ!

可能性があるらしいです、メキシコ湾をショートカットして。狂ってる……



ちなみに、僕の取材経験のなかでもっともロングランをかましたのは

赤羽修弥さんです。2003年オールスターでのことでした。

当時の僕は、まだ編集部員ではなく、一般公募のプレスでした。

で、バスボート初体験だったその試合で、

いきなり霞ヶ浦の土浦から、利根川の取手まで連れていかれました。

片道1時間半くらい掛かりました。

しかも試合モードの本気走りです。

編集部に入って8年……、あのときより痛い経験はまだしていません。

あのときと同じくらい恐い思いは、ハシタクさんにさせられましたが。


尾てい骨から背骨を伝って頭のてっぺんに突き抜ける激痛も、

「あ、オワタ……」といろいろ諦めてしまう光景を見るのも

ヤ!

です。



(ホリベ)

うわ~……、楽しみだったはずなのに、書いててテンション下がってきた……

2011/2/15

<< 2011/2 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年11月号

2号連続で綴るクランクベイト愛

釣るための道具としてだけでなく、所有する喜びも与えてくれるクランクベイトを2号連続で大特集。
かつてクランクベイトの魅力を伝えてくれた人気連載、『秘密のクランクベイト』が15年ぶりにカムバック。前編の今回は、クランクベイト誕生の歴史的・地理的背景から、名作ハンドメイドフラットサイドクランクの「あれから」を辿ります。
「巻いて勝てる男」・北大祐さんは、シャロークランクの釣りのイロハを生徒役の編集スタッフにレクチャー。パワー、レンジ別のクランクベイトローテーションや、さらなる1尾に繋がるアプローチ方法を説きます。
また、開発学さん、西根博司さん、塚本謙太郎さんら著名ビルダーがクランクベイトの内部構造や素材の特性について解説。ウッド、プラスチック、そして発泡素材など、マテリアルの違いでクランクベイトの個性はどのように変わるのか。そして名作ルアーを真っ二つに割り、その内部構造から見えてきたものとは!?
さらに、人気の水槽実験によるルアーアクション検証企画「気になるルアー、泳がせます」や、クランクオンリー勝負の「編集部対決」など見どころ満載。
読めば、今すぐボックを開けてクランクベイトを愛でたくなる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING