サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

あなたは左派? それとも右派?

あなたは左派? それとも右派?

Basser編集部=写真と文
タイトルは「ベイトリールのハンドルは左巻きですか? 右巻きですか?」という意味ですので、「左(ひだり)派」「右(みぎ)派」と読んでくださいね。

余談ですが、誌面には使うのを控えるべき言葉(放送禁止用語みたいなもんです)がありまして、他誌ではどうかわかりませんが、たとえば「聖地」や「メッカ」という言葉は幣誌ではNGです。

「池原ダムはデカバスのメッカだ」とか「琵琶湖はデカバスの聖地だ」というのはむしろ耳に馴染んだ表現かもしれませんが、どちらも宗教的意味を含む非常にデリケートな言葉ですし、本来の意味を考えるとそれを用いた文章全体が意味不明になってしまいます。




さて、本題(本題のほうがどうでもいい内容のような気もしますけど……)。
現在、僕(ヤマガタ・右利き)は、左右、両方のハンドルのベイトリールがないと釣りになりません。

20年くらいバス釣りをしていて、左を使うようになったのはここ5、6年のこと。
バス釣りを始めたばかりのころは、ほとんど右しか選択肢がなかったように記憶しています。
なので、途中から左に慣れるまではけっこう時間がかかりました。



a
僕はダイワとアブがメイン。編集長はシマノとアブ、ササキはシマノとダイワ、クチイシはアブとシマノを使ってます。バラバラ。

b
c
10年選手のTDZ-103H。外見はボロ(置きキズや手に接する箇所の塗装ハゲ)ですが、機能面は問題ナシ。ベアリングだけは何度か交換しました。


いったん慣れてしまうと、やっぱり左はリグを操作したり、手数を稼いだりするのに便利。
けど、引き抵抗が強いルアーを安定して巻けるのは右なので、こちらも手放せません。

ところで
僕のように右利きで左右両方を使っているアングラーと、
右のみというアングラーと、
左だけというアングラーがいますが、

どのタイプに該当するかで、おおよそのバス釣り歴と年齢がわかるような気がするんですけど……。
(ヤマガタ)

2008/7/23

<< 2008/7 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新号 2018年5月号

大森貴洋B.A.S.S.通算7勝目の舞台裏

 今号では、大森貴洋さんが見事優勝を果たしたB.A.S.S.エリートシリーズの開幕戦を巻頭で詳報しています。
 ビッグウエイトが期待できないフィールド、しかも水温ひと桁台という状況で、なぜ2位に7Lb(約3kg)もの大差をつけて優勝できたのか。
そしてバルサ製のクランクベイトを得意とする大森さんが、ABS製のクランクベイトを使った理由なんだったのでしょうか。
大森さんの精神面や戦略、「神様」リック・クランとの物語など、アメリカ在住ライターの雨貝健太郎さんによる胸が熱くなるレポートは必読です。
 そして特集はスピナーベイト。
ブレードとアーム、スカートの集合体であり、自然界の生物とは似ても似つかないこの不思議なルアーを掘り下げます。
 特集冒頭では、北大祐さんが自身の多用するスピナーベイトを大公開。「その数は無限大」という言葉の意味とは……。
 その他、川村光大郎さんの2kg級バス捕獲劇や、12尾の釣果を記録した津輕辰彦さんの細やかなスピナーベイトローテーション、
そして「スピナーベイトは死んでいない!」と断言する黒須和義さんの琵琶湖スピナーベイティングなど見どころ満載です。
 また、今号ではsiteBとの連動企画として、さまざまなスピナーベイトのスイム動画をすべて公開。
通常スピードとスロー再生による映像で、スイム姿勢やバイブレーションの強さ、ブレードの回転幅やピッチ数まで明らかにします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING