サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

あなたの「ウシガエラー度」をチェック!

あなたの「ウシガエラー度」をチェック!

Basser編集部=写真と文
最近になってウシガエルを釣りまくっている川村光大郎さん(笑)。
1

かつてウシガエルを釣りまくる僕(ヤマガタ)に、川村さんは

「撃つ場所が微妙に違ってるんじゃありませんか?」

と言った(鼻で笑う感じで)。く、屈辱……。





その川村さんがウシガエルと仲よしになったというので、

嘲笑するのをグッと堪えて話を聞いてみました。

2
ルアーを襲われたら最後、イヤでも高確率でフックアップするウシガエル。そのバイトはガード不可。ジグのガードごときじゃ防げません。前脚で押さえつけてガブリ。そしてグサリ(涙)。

川村さん:「いや、あのときはスンマセンでした。ガサっとアシが揺れると、『カエルかな?』と思ってもフッキングしちゃうんですよ。それにヌヌっと重くなるあの感じって、いいバスのバイトと似てるから、もう渾身でアワせちゃいますね。この前、1日で3匹も釣りましたよ」

ヤマガタ:「前に僕はその件で川村さんに笑われたんですけど?」

川村さん:「いや、失礼しました。バスとカエルが釣れる場所っていっしょですね。そりゃ、ボチャンって水に飛び込む音が聞こえたらカエルだってわかりますけど、ヤツら水中で静かに喰ってくることもあるじゃないですか。そしたらもうアワせるしかありませんよね」

ヤマガタ:「だから前にそう言ったじゃありませんか。なのに……」

川村さん:「今はもう『カエルが釣れないようじゃ、いいバスは釣れない』って思ってますよ。考えを改めたってことで」

……と、あの川村さんも言ってますので、皆さんも自信をもってカエルを釣りましょう。




けれど、苦手な人にとっては、できれば釣りたくないのがカエル。とくに触れない人は、フックを外すのに難儀することでしょう。

そこで、「バスは釣れないのにカエルは釣れてしまう」という人に、草深幸範さんからアドバイスです。

3
W.B.S.第4戦3位! 最終戦を前に復調してひと安心の草深さん。この春に一大ブームとなった「HPFクランク・スペック2(O.S.P)」の「ブラッディーシャッドカラー」を仕掛けたのが草深さんです。あのときはショップを巡っても品薄で、通販でなんとか買いました。

ヤマガタ:「『ウシガエルしか釣れない人には共通性がある』とおっしゃってましたよね」

草深さん:「前に(赤羽)修弥さんと梶無川(霞ヶ浦の流入河川)を釣ってたとき、岸にいたオカッパリアングラーを見て、『ああ、こういうことなのかな』って思ったんですよ」

ヤマガタ:「梶無川は両岸が高いアシに覆われてて、岸から釣るにはウエッピングするしかありませんよね」

草深さん:「そうなんですよ。そのアングラーもウエッピングしてました。けど、ボートで沖から見てると、テキサスリグが微妙に水面に届いてないんですよ。その状態でアクションをつけてるから、リグが空中で上下してたんです」

ヤマガタ:「そんな状態でもカエルならいっちゃうでしょうけれど、バスが飛びつくことは稀ですよね」

草深さん:「やっぱりその人はカエルを釣ってました。なので、もちろん全員に当てはまるワケじゃありませんけれど、カエルをよく釣る人には共通性があるのかな、と」





草深さんと川村さんの話を参考に作ってみました。

「ウシガエラー度チェック」

□ オカッパリでの釣行が多い。
□ ヘビータックルの使用頻度が高い。
□ ジグ&テキサスが好きだ。
□ 水面が見えないくらいゴチャゴチャしたカバーに胸がトキメク。
□ ウエッピング萌え。
□ 辺りのアシがガサリと揺れたらフッキング体勢に入る。
□ 疑わしきはアワせる。

5つ以上のチェックボックスに「レ」が入ったら、立派なウシガエラーと言えそうです。

ちなみに僕は、見えないウシガエルのバイトとバスのバイトを感じ分けます。

カエルバイトはガード不可なので、結果はいっしょですけど。(ヤマガタ)

2008/7/29

<< 2008/7 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2019年10月号

【今月の研究テーマ】
虫・カエル・ネズミ

小動物ルアーの使いこなしがわかる1冊です。バスフィッシングの多様化により近年ますます存在感を増してきこれらのルアーですが、そのサイズ感や、表層付近をメインステージとする特性上、使い方や出しどころによっては思うような釣果を得られないことも少なくありません。しかし、今号の記事を読んで実践すれば、これらのルアーが「釣れる」ことを体験、実感できるでしょう。
たとえば、浮く虫ルアーと沈む虫ルアーはどのように使い分ければいいのか。その判断を正確に行なうための理論とバスの観察の仕方が、大塚高志さんの記事読めばわかります。
「野良ネズミとフロッグの違いと使い方は?」
「虫ルアーの有効な使い方ってサイト以外にあるの?」
「フッキングやバイト率を上げるための秘密やチューン方法はある?」
「小動物ルアーって具体的にどんなのが売ってるの?」
こんな疑問をもつ方も、必ず手に取りたい内容となっています。
また、アメリカ在住のトーナメントウォッチャー・雨貝健太郎さんによるBPTとB.A.S.S.のレポートが読めるのも『Basser』だけ。とくに今号では、日本人選手がボーターとして9名エントリーしている注目のセントラルオープン第3戦の模様を16ページの大ボリュームで詳報。
青木大介さんが4位入賞を果たすきっかけとなったプラクティスでの気づきと試合中のアジャスト。そしてランキング暫定1位でこの試合を迎えた伊藤巧さんの苦悩と葛藤が、本人のインタビューも交えてレポートされています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING