サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

『月刊濁水』会議。

『月刊濁水』会議。

Basser編集部=写真と文
津留崎健カメラマン、竹本晴彦アートディレクター、金澤一嘉さん(フリーランス。ライターだったりカメラマンだったり編集者だったり。この場ではライター)。

次号の「Monthry Muddy Water」チームです。
今月号の『67(秦拓馬さん)』や200号の『ライブラリー』も同じチーム。
199の『終わりなき夢への疾駆(反町隆史さん)』は、ツルケンさん、竹本さん、コバケン先輩(文)。198の『雨景・北浦の1325投(川村光大郎さん)』は、ツルケンさん、石川達也さん(北海道在住のデザイナー)、僕(文)が担当。

編集部員は、記事の企画やディレクションや校正だけをしてるわけではなく、
ときにカメラマンだったり、ライターだったりもします。
そんな僕らにとっては、津留崎さんも竹本さんも金澤さんも、
頼もしいカメラマンでありデザイナーでありライターであると同時に、
学ぶことの無限にある先輩であり、目標でもあります。

そんな3人が頭を突き合わせて何をやってるかというと、
「どの写真をどういうふうに使うか」を相談してるんです。
毎度、素材(写真)がよすぎるので、これがなかなか決まりません
8~10ページの写真構成がほとんど1日仕事になります(毎度、候補が100点くらいあって、使うのはそのうち10点前後。絞るのがMOTTAINAI!)。

muddy
3人とも各分野のセンスの塊です。
『月刊濁水』の要、ツルケンさんの凄いところは、大ベテランなのに若いこと。新しいアングルや表現方法に常に飢えてます。趣味はタイ釣り。しばらくやってないけど、もちろんバス釣りも好き。
竹本さん。『Basser』全体のイメージを作ってくれている人です。写真と文章を渡して、レイアウトがあがってくるのがいつも楽しみです。「こうきましたか!」という驚きがあります。バス釣り経験あり。フライフィッシングの経験もあり。
金さん。ライターとしてのセンスはその好奇心から生まれるのでしょう。いろんなことに目を向けている人です。バス釣りとイカ釣り(イカ食)ほか、多趣味です。雨貝健太郎さんとの「KKコンビ」は……、スゴイ(いろんな意味で)。

(ヤマガタ)

2008/8/2

<< 2008/8 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING