サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

『月刊濁水』会議。

『月刊濁水』会議。

Basser編集部=写真と文
津留崎健カメラマン、竹本晴彦アートディレクター、金澤一嘉さん(フリーランス。ライターだったりカメラマンだったり編集者だったり。この場ではライター)。

次号の「Monthry Muddy Water」チームです。
今月号の『67(秦拓馬さん)』や200号の『ライブラリー』も同じチーム。
199の『終わりなき夢への疾駆(反町隆史さん)』は、ツルケンさん、竹本さん、コバケン先輩(文)。198の『雨景・北浦の1325投(川村光大郎さん)』は、ツルケンさん、石川達也さん(北海道在住のデザイナー)、僕(文)が担当。

編集部員は、記事の企画やディレクションや校正だけをしてるわけではなく、
ときにカメラマンだったり、ライターだったりもします。
そんな僕らにとっては、津留崎さんも竹本さんも金澤さんも、
頼もしいカメラマンでありデザイナーでありライターであると同時に、
学ぶことの無限にある先輩であり、目標でもあります。

そんな3人が頭を突き合わせて何をやってるかというと、
「どの写真をどういうふうに使うか」を相談してるんです。
毎度、素材(写真)がよすぎるので、これがなかなか決まりません
8~10ページの写真構成がほとんど1日仕事になります(毎度、候補が100点くらいあって、使うのはそのうち10点前後。絞るのがMOTTAINAI!)。

muddy
3人とも各分野のセンスの塊です。
『月刊濁水』の要、ツルケンさんの凄いところは、大ベテランなのに若いこと。新しいアングルや表現方法に常に飢えてます。趣味はタイ釣り。しばらくやってないけど、もちろんバス釣りも好き。
竹本さん。『Basser』全体のイメージを作ってくれている人です。写真と文章を渡して、レイアウトがあがってくるのがいつも楽しみです。「こうきましたか!」という驚きがあります。バス釣り経験あり。フライフィッシングの経験もあり。
金さん。ライターとしてのセンスはその好奇心から生まれるのでしょう。いろんなことに目を向けている人です。バス釣りとイカ釣り(イカ食)ほか、多趣味です。雨貝健太郎さんとの「KKコンビ」は……、スゴイ(いろんな意味で)。

(ヤマガタ)

2008/8/2

<< 2008/8 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

おすすめ記事

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING