サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

「Basser 2016年10月号発売!」
Basser Official Blog

特集は「晩夏〜秋のトップウォーターゲーム」!

Basser編集部=写真と文
hyo1a表紙クリックで試し読みができます。ジャンプ先のカートボタンからお買い求めいただくことも可能です

見どころ


達人たちが明かす晩夏〜初秋の水面遊戯

 「トップウォーターは梅雨〜初夏の釣り」というイメージをお持ちでないでしょうか。しかし実際には、盛夏を過ぎたあとの「晩夏〜秋」に、トップウォーターは2度目の盛期を迎えます。特集ではSUP(スタンドアップパドル)を用いた新たなスタイルの提案や、グラビンバズ、フロッグを始め、さまざまなベイトフィッシュと関連するトップウォーターパターンなど注目の記事が目白押しです。

 雨貝健太郎さんによるB.A.S.S.トレポートでは、ついにウィ―ラーレイクでの大森貴洋さんによる大逆転劇の全貌が明かされます。優勝どころか予選通過さえ危ぶまれた初日72位……そして最終日を残してなお首位との間に横たわっていた大きな壁を、T.O.はいかにして突き破ったのか。痛快で胸が熱くなる展開は見逃せません。

 田辺哲男さんの連載「THE TAKEBACK」では、発売以来各地でビッグフィッシュ捕獲報告が絶えないビッグスプーン「ダイラッカ」について詳細に解説。日本のアングラーには馴染みのなかったジャンルだけに、「いつどこでどのように」を学ぶことのできるこの記事は必読です。

 並木敏成さんによる「リザーバーマネジメント」では、真夏の相模湖の実釣編が掲載されています。数、サイズともに、同船した記者が驚愕した釣果を、並木さんはいかにして生み出したのか。エリアの見立てや釣果に直結するテクニックの数々に注目です。

Contents


晩夏〜秋のトップウォーター
The 2nd opportunity for Top Water Games


012 山木一人/Ride on SUP! 乗るぜSUP 釣るぜTOP
 津留崎健=写真、金澤一嘉=文
CS1_29
020 大津清彰&麻生雅之/利根川シャローのグラビンバズバトル
  金澤一嘉=写真・文
CS2_29
026 内山幸也/霞ヶ浦のオカッパリフロッグ
  金澤一嘉=写真・文

030 A HARD DAY’S NINJA センドウタカシ=文 

032 FROG PRODUCTS×Basser
  コラボレーションルアー「マッドラット」完成間近!!

034 ヒッパレ! ダイスケ! 北大祐=写真・文

036 パーツと機能の進化論「カップ」「ブレード」「羽根」

042 ノイジーフラッパーのバジングフロッグ革命

044 市村直×琵琶湖北湖 9月のハスパターン
  食物連鎖が生む超高速トップウォーターゲーム

046 羽生和人/「水位」と「ベイトの種類」を手がかりに亀山湖の水面を釣る

052 並木敏成のリザーバー・マネジメント 水藤友基=写真・文
CS3_29
060  THE TAKE BACK 田辺道場“バスフィッシング”を求めて
大森忠明=写真 大場未知=文
CS4_29
068 JB TOP50

078 関和学のオカッパリで行こう! 関和学=文

082 今月の読者プレゼント 石川正勝=写真

086 ファイト、ファイト、コジコジ! 小島宏=写真・文

088 キニナルゲンバ 松本賢治=写真・文

090 ボートバカ一代 成田紀明=写真・文

091 B級ルアー列伝 Dab=写真・文

092  W.B.S. TOURNAMENT REPORT 風 太郎=文

094 素人がトーナメントに出たらどうなる!? 市川喜栄=写真

096 Bantam SPECIAL LIVE

100 フカシンガッツ! フカシン応援団=写真

102 まつガチ戦記 松下雅幸=写真・文

104 大森貴洋 V6の舞台裏[後編]
  齋藤静吾、ギャリック・ディクソン=写真 雨貝健太郎=文
P112-113_elite
114 BASSMASTER ELITE SERIES 
  齋藤静吾、ギャリック・ディクソン=写真 雨貝健太郎=文

132 スティーズフロロへの信頼感が可能にする赤羽修弥のフルパワーフッキング

136  History of Fantasista 石川正勝=写真 岡崎烈=文

140 モノの舞台裏 石川正勝=写真

144  Basser Best Buy

148 船上の星取り合戦。モッテナイのは誰だ!? 編集部ガチンコバトルIn利根川
 水藤友基=写真・文

154 小森ノート 小森嗣彦=文

158 バサー放課後の部室

164  THE JAPAN ORIGINAL 伊東由樹=文

166 山木食堂闇鍋定食 山木一人=文

168 B情報局

170 バサー新聞

174 早いモノ勝ち! セール&入荷情報

176 日釣振ニュース

177 今月のほたるの光 村川勇介=写真・文

178 編集後記

2016/8/25

<< 2016/8 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年11月号

2号連続で綴るクランクベイト愛

釣るための道具としてだけでなく、所有する喜びも与えてくれるクランクベイトを2号連続で大特集。
かつてクランクベイトの魅力を伝えてくれた人気連載、『秘密のクランクベイト』が15年ぶりにカムバック。前編の今回は、クランクベイト誕生の歴史的・地理的背景から、名作ハンドメイドフラットサイドクランクの「あれから」を辿ります。
「巻いて勝てる男」・北大祐さんは、シャロークランクの釣りのイロハを生徒役の編集スタッフにレクチャー。パワー、レンジ別のクランクベイトローテーションや、さらなる1尾に繋がるアプローチ方法を説きます。
また、開発学さん、西根博司さん、塚本謙太郎さんら著名ビルダーがクランクベイトの内部構造や素材の特性について解説。ウッド、プラスチック、そして発泡素材など、マテリアルの違いでクランクベイトの個性はどのように変わるのか。そして名作ルアーを真っ二つに割り、その内部構造から見えてきたものとは!?
さらに、人気の水槽実験によるルアーアクション検証企画「気になるルアー、泳がせます」や、クランクオンリー勝負の「編集部対決」など見どころ満載。
読めば、今すぐボックを開けてクランクベイトを愛でたくなる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING