サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

「30周年記念号」Basser Official Blog

『Basser』最新号です。よろしくお願いします。

Basser編集部=写真と文
hyo1_fin「ためし読み」はこちらからどうぞ

contents

028[特集]誌面を彩ったタックルとテクニックで振り返る
  日本のバスフィッシング30年史

028-029
1986-1995
■1992年掲載・アメリカ人バスプロの言葉
 ケン・クック / リック・クラン


■同じ時代を歩んできた86年生まれの本誌と87年生まれの4inグラブ


1996-2005
■「元祖S字系」の雷鳴は海を越えて


■黎明期の終わりを告げる「日本発」たち


■深江真一と大森貴洋 ふたつのライジングサン
 2004年――その夏の記憶はどんな記録よりもたしかに僕らの心に刻まれている


2006-2016
■妥協なき執念が生んだ、沢村幸弘のベイトフィネス


■「ハイプレッシャーと向き合う時代」が生んだタックルとテクニック
066 バス釣りを続けるためのルールとマナー 金澤一嘉=写真・文
070 発売からずっと1軍であり続けるルアーたち
076 関和学のオカッパリで行こう! 


078 バサー放課後の部室


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


099 今月の読者プレゼント 石川正勝=写真


100 並木敏成のリザーバー・マネジメント 水藤友基=写真・文
108 THE TAKE BACK 田辺道場“バスフィッシング”を求めて
  大森忠明=写真 大場未知=文
116 History of Fantasista 岡崎烈=文
120 A HARD DAY’S NINJA センドウタカシ=文 
122 JBTOP50
124  W.B.S. TOURNAMENT REPORT 風 太郎=文
126  TBC TOURNAMENT REPORT 
128 素人がトーナメントに出たらどうなる!?
130 フカシンガッツ! フカシン応援団=写真


142 BASSMASTER ELITE SERIES 
齋藤静吾、ギャリック・ディクソン=写真 雨貝健太郎=文


164 船上の星取り合戦。モッテナイのは誰だ!? 編集部ガチンコバトル
in笹川湖 水藤友基=写真・文
170 ファイト、ファイト、コジコジ! 小島宏=写真・文
172 小森ノート 小森嗣彦=文
174 THE JAPAN ORIGINAL 伊東由樹=文
176 まつガチ戦記 松下雅幸=写真・文
179 痴虫・松本のチム史 松本光弘=写真・文
181 日釣振ニュース
182 山木食堂闇鍋定食 山木一人=文
184 バサー新聞
188 B情報局
190 早いモノ勝ち! セール&入荷情報
193 今月のほたるの光 村川勇介=文
194 編集後記


皆様のおかげをもちまして
弊誌『Basser』は創刊から30周年を迎えることができました。
誠にありがとうございます。



今後とも読者の皆様に楽しんでいただける誌面作りに邁進してまいります。
よろしくお願い申し上げます。

ホリベ

2016/6/23

<< 2016/6 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING