サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

「高滝湖に釣行してきました①」
Basser Official Blog

ウェブ担当アライの高滝湖ライトリグ修行

サイト・ビー=文
IMG_0763ジグヘッドで釣れた高滝湖のバスさん。ワームはスイングインパクト3.5inです


こんばんは!

つり人社デジタルコンテンツグループ(web担当)のアライです。

皆さんはこの3連休は楽しめましたか?

編集部はというと、26日発売予定のBasser9月号の編集作業が大詰めを迎えています。

目玉はオカッパリオールスターです。お楽しみに!



さて、校正作業に追われる編集部のみんなを横目に私は千葉県・高滝湖へ釣行してきました。

苦手なジグヘッドリグとダウンショットリグの練習が目的です。

ホームが牛久沼のため普段は撃つ釣りばかり。

そろそろ引き出しを増やしたいなと思っている今日このごろです。



当日の高滝湖は曇り、水温26.5~26.7℃、水には若干アオコが浮いていました。

高滝湖観光企業組合さんでボートを借り、最初にチェックしたのは本湖・第3漁礁付近の護岸際。

護岸の継ぎ目にダウンショットリグをキャストすると早速ギルバイトあり。

ギルでも魚の反応があると嬉しいもので、そのまま同じようにほかの継ぎ目もねらっていくとあっさり20㎝弱のバスさんが釣れてくれました。

ちなみに初高滝湖バスです。


用意していた1.3g、1.8g、2.7gのシンカーのうち、一番重い2.7gでしっかりボトムをとって丁寧に操作する方がギルもバスもアタリが出やすい感じでした。

このあとも小さいバスを追加。

なんとなく東側の岸際がいい気がしたのでシャッドテールタイプのワームをセットしたジグヘッドリグを巻いてみることにしました。

すると、またまた20㎝くらいのバスさんが釣れてくれました。

さらにそのすぐあと、30㎝クラスのまぁまぁサイズもバイトしてくれましたが、ファイト中のジャンプ1発で逃げられてしまいました。

実は、先週釣行した津久井湖でもジグヘッドリグで2バイト2バラシという失態を演じてしまっていたのです。

どなたか、ジグヘッドリグでバラさない方法を教えてください

つづく……

アライ




2016/7/19

<< 2016/7 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING