サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

「長門川に釣行してきました!」
Basser Official Blog

鈴木美津男さんの金言を実践してバスをキャッチ。

Basser編集部=写真と文
13754673_309414939448759_4948435466630726067_n

おはようございます、タニガワです。

7月24日(日)、利根川支流の長門川に行ってきました。

利用したのは北総マリンさんが管理する長門川マリーナ。ここはポストに利用料金を入れ、セルフサービスでボートを借りることができる無人システムとなっています。

前回同様、友人の染谷氏と出船です。

朝イチの水温は23.8度と、この時期にしてはかなり低め。

潮の満ち引きを考慮して、ハイタイド時はシャローカバーを、ロータイド時は水深のある沖目をねらう作戦です。

週末で、しかも沖田護さんと荻野貴生さん主催の「フレンドカップ」が利根川・北総マリンスロープで開催されたいたこともあり、長門川は多くのボートで賑わっていました。

しかし「鈴木美津男のスモールクランク道場」にあった、「ハイシーズンの利根川で腹を括ってスモールクランクを巻けばデコは100%ない」という金言を信じてクラッチDRを巻き続け、無事ファーストフィッシュをキャッチ。

ハイタイドになってからはドライブスティックファットのバックスライドでカバーを撃ち、2尾をキャッチ。

そして午後の下げ潮の時間帯に水深のあるアウトサイドベンドのハードボトムエリアに入ります。

低水位時にバスが溜まりそうなうえ、沖までゴロタが入っており、いかにもテナガエビがいそうなストレッチです。

ここでヘビキャロでナイスサイズが3連発!

13781893_309415092782077_3980054001147938532_n

染谷氏もリングマックスバスのヘビキャロとファクト・クラフトでしっかりキャッチし、楽しい釣行となりました。

13615167_309414956115424_1140363673540849654_n
次回は新利根川に出撃予定です!

タニガワ

2016/7/27

<< 2016/7 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING