サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

「鋼派優勝の裏側・前編」Basser Official Blog

新人タニガワ&アライパイセンの鋼派参戦珍道中

Basser編集部=写真と文
1朝イチ、バズベイトに45.5cmが出てくれました!

みなさんこんにちは。

いろいろな方からお祝いの言葉をいただいき、少し舞い上がっているタニガワです。

今回は先日の「鋼派」の詳細です。

初参加となった「鋼派」は、参加者120名以上、ボートの数は70艇以上と大盛況の大会でした。

6月の新利根川ということで、プランは「川筋で手堅くリミットの2尾をそろえて、洲ノ野原でキッカーねらい」というものでした(こののち2尾揃えることすら困難な状況だったことが判明)。

2120名以上が参加した今回の鋼派。スタート後、私たちは上流方向へ向かって釣り進みました

予定どおりスタート後は上流方向へ。すると「松屋ボート」さんからすぐのオーバーハング下で、バズベイトに45.5cmのビッグフィッシュが飛び出しました。

開始たった5分での出来事、朝パワー万歳です。

そのまま右岸をバズベイトとギル系ビッグベイトで上流へ流して行くも異常なし。

下流域は明らかに水が悪く、水面に泡が残るような状態でしたが、唯一のプラス要素としては流れが発生していたこと。

時期的に流れを嫌う魚もいるでしょうが、流れがあったほうがバスの付き場が明確になるので個人的に流れや風は大歓迎。

橋2本分ほど流したところで、急激に水がよくなったことに気がつきます。

しかし、バンク際には汚い水が滞留してしまっていたので、ブレイクをクランキングで流すことにしました。

ちょうどそのとき、ホリベ先輩&ライターのスイトウさんペアのボートに追いつきました。

「俺、今からウイグルワートをゆっくり巻いていくから、抜かして先に流していいよ」と快く前を譲っていただいたその直後、ねらいどおりブレイクで32.5cmがヒット。

前だけでなく魚まで譲ってもらっちゃったような?

3クランクでリミットメイクです!

その後はギル系ルアーに反転バイトがあったもののノセられず、下流に折り返し同じストレッチを流して行きました。

後半に続きます。

タニガワ

2016/6/13

<< 2016/6 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2021年1月号

【特集】経験を重ねた者たちのバスフィッシング観

 バスフィッシングに長い年月、あるいは密度濃く関わってきた人たちのバスフィッシング観を特集した1冊です。
 幾多の名作を生み出してきたルアービルダー・西根博司さん、ハードベイトを投げ倒してきたプロガイド・佐藤信治さん、そして年間300日以上フィールドに繰り出す藤田京弥さん、青木唯さん、北田朋也さん……。経験を重ねるなかで見えてきた、彼らしか知らないこと。そのエッセンスを、読者の皆さんが実際の釣りに役立てられる形で数多く紹介しています。
 第2特集は「見つめ直すナイロンライン」。
 フロロカーボンが主流となっている近年のバスフィッシングシーンにも確実に存在するナイロンラインの出しどころを、エキスパートたちが解説します。巻きモノやトップウォーターはもちろん、ワーミングでの活用術から伸度別の使い分けまで、ナイロンラインだからこそ獲れるバスがいることがわかる内容です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING