サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

「釣ったことがある」ルアーの数

「釣ったことがある」ルアーの数

Basser編集部=写真と文

 昨晩、ルアーの整理をいたしました。

出てくる、出てくるルアーの山!

プラグだけで500個くらい出てきて、

逆にげんなりしてしまいました。

だって、釣ったことがあるルアーが

ほとんどないんですもの。

正確に数えてはないですが、
(今度数えます)

50個ないんじゃ? と思います。

ルアーは、1尾釣れた瞬間に愛してしまう性格なので、

必然的に同じルアーを投げることが多くなり、

どんどん寝太郎ルアーが増えてしまっております。

悲しい。


んで、昨日の整理のテーマは

「最愛のルアーは何か?」。

2011062618050000


これに決定!

バドにございます。

これ1個で30尾くらい釣ってる、

僕としてはオンリーワンなルアーです。
(そのほかのルアーはよくて5尾くらい)

しかし、最近は、

ロスト時のショックがを考えてしまい、

ほかのバドに手が伸びることも多々。

2011060618560000


投げ倒すか、飾るか……。

悩ましいです。

(ササキ)




2011/7/28

<< 2011/7 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING