サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

「水が悪いと(小さい)ベイトだけがいる」ことがある

「水が悪いと(小さい)ベイトだけがいる」ことがある

Basser編集部=写真と文
とある夏の取材でぜんぜん釣れないエリアがありました


そこは、よく釣れたエリアと同様に、水の透明度はそこそこ高かったのですが
見るからに流れが利いていなくて
そのせいかちょっと臭うくらい水が死んでいました

が!

カメラを水中に突っ込んでみると
小ギル、小バス、その他の小さいベイトフィッシュはわんさか泳いでいました

DSC_1287
撮ったのはリザーバーの枯れかけのバックウォーターです。写ってませんがエビ類もたくさんいました

ベイトフィッシュの量だけに着目するとこのエリアが№1
でも、10cm以上のバスの姿は皆無


小さい魚のほうが少ない酸素量でも充分に活動できるからなんでしょうか?
ターンオーバー時も似たような原因でエリアの好不調があるのかも?

と思ったのでご紹介しました

「エサはいっぱいいるのにバス釣れねェ」ってことありますよね

(ホリベ)

2014/11/12

<< 2014/11 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2021年4月号

【特集】創刊35年目のノスタルジア

 今号では、思わず「懐かしい」と唸ってしまうようなバスタックルを、1980~2000年代初頭のモノを中心に大特集。
 鬼形毅さん、今井亮さん、麻生雅之さんらロッドマニアが解説する時代ごとのロッド特性の違いや、赤羽修弥さんの愛用ルアー遍歴、収集家のコレクション公開、センドウタカシさんの中古ショップえぐり、そして編集スタッフが影響を受けたタックルなど注目コンテンツばかり。
 懐かしのタックルを振り返り、思い出に浸れる記事はもちろん、現在のバスフィッシングに役立てることができる内容も満載です。
 また、雨貝健太郎さんが米国トーナメントのキックオフに合わせてまとめたB.A.S.S.、BPTの今期スケジュールとフィールド解説も必見。
各試合の構造や出場選手、試合ごとの賞金額まで網羅されており、手もとに置いておけば今期のトーナメント観戦がより楽しくなること間違いなしで
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING