サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

「新人タニガワのH-1参戦記①」Basser Official Blog

2016年H-1グランプリ牛久沼戦に参加してきました。

Basser編集部=写真と文
8113

6月26日、茨城県・牛久沼にて開催されたH-1グランプリに参加してきました。

今回はバサーの敏腕ライター水藤さんに誘っていただき、ペア参加です(成績は個別)。

プラクティスは大会2日前に行いました。

感覚としては「とにかく釣れない」の一言。

ただでさえ個体数の少ないと思われる牛久沼。

そのうえ湖は満水状態のため、多くのバスはカバーの奥深くに入り込んでしまっている模様。

H-1グランプリはハードベイトオンリーなので、探りきれるのか?

不安が募ります。

しかしプラクティス日はローライトに加え少々の風という状況で、少しはバスがカバーのアウトサイドに出てきてくれそうな感じでした。

実際、僕の「小さい海馬」にスリーバイト、水藤さんのクランクベイトにもツーバイトがありました。

僕は最後のワンバイトを何とかフッキングに成功し、40cmアップをキャッチできました(「小さい海馬」は編集部対決Basser8月号掲載で水藤さんからいただいたもの)。

8115
と、同時に大会当日のエレキの操船権もゲット(笑)

8114
本番当日は、満水、ピーカン、真夏日、ほぼ無風と、バスがカバーの最奥に入る条件がしっかり整っていました(笑)。

これは相当厳しくなるぞと思い、ハードベイトによるウエッピングを覚悟します。

後半に続く……

タニガワ

2016/6/27

<< 2016/6 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新号 2017年12月号

Basser Allstarclassic2017を徹底レポート!  今号は、会場で1万4000人以上が、そしてAbemaTVとsiteBで延べ約100万人がリアルタイムで目撃したBasser Allstarclassic2017を全力で特集しています。  「湖上で起きたことのすべてを公開する」という同大会の理念どおり、連覇を達成した北大祐選手の巻き物パターンの全貌をはじめとする選手のテクニックや戦略、そして心模様までを詳報。生中継では見ることのできなかった戦いの全貌が明らかになります。  また生中継の名シーン集や、ビッグフィッシュ分析、過去大会の考察など充実の内容。大興奮の2日間をより深く知ることができる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING