サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

「持ってねぇ~」のは誰だ!?

「持ってねぇ~」のは誰だ!?

Basser編集部=写真と文
マイクロプテラスの藤田佳久さんにご提供いただきました……
01
入団証明書!

これはババ抜きのババ的証明書!!



ということで先週の金曜日

レンタルボート「松屋」さんでお馴染みの

チームMINOWAさんが大会を開催していることでもお馴染みの「松屋」さんがある

新利根川の「松屋」さんへ

『No.1持ってない編集部員』を決める釣行をしてきました



せっかくの入団証明書ですが

藤田さんに持って帰っていただく、という選択肢もあり



厳正なクジ(ササキ謹製)による抽選の結果……

アマノ先輩&ササキペア
03
ササキは編集部イチ新利根川に通っていて
W.B.S.取材担当なので洲ノ野原も知り尽くしています
昨年はコバケン先輩との一騎討ちに勝利していたりもするので
今回に限っては「ヘタレw」「持ってねぇ~」とバカにできません
前日から「隠れオダで釣りますよ」と豪語していました
アマノ先輩は最近、編集部内でピッチングの練習に余念がありません



藤田さん&レツペア
02
サマソニ明けから釣り漬けの日々を送っている藤田さんは
前々日にも新利根川を釣っており
「サイズを選ばなきゃいくらでも釣れる」宣言
ただし、前日のキス釣りでスタート前からかなりお疲れ気味のようす
元・編集部員のレツは普段の釣行から『持ってないことはない』ことが判明しています



コバケン先輩&ヤマガタペア
04
「明日はヤマガタをコテンパンにブチのめしてやろうと思います」
と書いたその僕とペアになりモチベーションが著しく低下!?
コバケン先輩、完全に寝てしまいました
かなり余裕があるようにも見えるでしょうけれど……



朝5時30分スタート、夕方5時帰着の長~い戦いでした
05
新利根川を釣らせたら右に出る者ナシ!?
大本命ササキのウエイインでございます

ライブウエルから勢いよく抜き上げたバスの飛沫が掛かって
カメラはびしょ濡れ
僕の口と目にもバス汁が……
ちょっと釣ったからってチョーシに乗るんじゃありませんよ!?

結果は次々号にて

(ヤマガタ)

2009/8/24

<< 2009/8 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新号 2018年6月号

[特集]カバーネコリグ―THE JUNGLE CRAWLER―

 最高峰のトーナメントの場でもたびたびウイニングルアーになるなど、近年カバーに潜むバスを脅かし続けている「カバーネコリグ」を特集。
 巻頭では折金一樹さんが笹川湖に挑みます。3.5~9inという幅広いワームサイズを使い分け次々バスをキャッチ。
バスのコンディションとフィールド状況に応じたルアーローテンションが、ネコリグ用ルアーのサイズ選択の悩みを解消してくれます。
 また、「カバーネコリグ道場」では、川村光大郎さんが編集部員を生徒に招き、
自身が世に広めたスナッグレスネコリグの使いこなし術を徹底解説。
「ネコリグが釣れる理由は『強いのに、弱いから』」という理論に基づき、
川村さんの解説どおりの状況に合った攻めを展開できれば、
その名のとおりカバーのバスを「根こそぎ」つることができるはずです。
 また、今号は国内外のトーナメント情報も充実しています。
 JBTOP50では、早野剛史さんが勝利した開幕戦を詳報。試合の結果やテクニックだけでなく、
早野さんが人生をかけて決断した河口湖から霞ヶ浦への移住と武者修行など、
勝敗を決定づけた知られざるドラマに注目です。
 バスマスタークラシックでは、ジョーダン・リーが2連覇という偉業を達成しました
。アメリカで長年トーナメントの最前線を取材してきた雨貝健太郎さんをして
「30年にひとりの天才」と言わしめるスーパールーキーの強さの秘密に迫ります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING