サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

「ディープクランク引いときゃ釣れンべ」と、山木一人さんは言いました。

「ディープクランク引いときゃ釣れンべ」と、山木一人さんは言いました。

Basser編集部=写真と文
外部スタッフのなかでも、風太郎さん、ツルケンさん、アマケンさん、金さんたちは、

ご存知の人はご存知かと思いますが、

Basser製作にはまだまだたくさんの人が携わってくれています。

画像を見つけたときの気分でなんとなく紹介していきたいと思います。


イシカワさん
写真は数年前、アングラーズハウス・やまきから芦ノ湖へ出船し、ディープクランクで2尾ゲットしてご満悦の図。
504デザイナーさんです。札幌市在住。主に6折(真ん中へんの紙質が変わっているページ)のレイアウトを担当してもらうことが多いです。最新号では海外の釣り場特集も組んでくれました。昨春のマンスリー・マッディーウォーター、『雨景・北浦。川村光大郎の1325投』のレイアウトはツルケンさんも絶賛。キレのある編集後記も密かに人気あり。天才。


スイトーさん
写真は……、以下同文の図。
6540元・編集部員、現・なんでも屋(?)として単行本の編集などを請けてもらっています。が、しかし、その真の姿は映画監督。某ハンパなく有名な女性歌手のPVなどを手掛けていたりするのです。なのに食うに困ってしまうあたりが天才。


レツさん
写真は、「恐くて釣りに行けなくなった!」「霊を軽んじるな!!」「何考えてんだバカ編集部!!!」と、多くの批難と抗議のハガキが寄せられた「水辺の心霊特集」の扉。どんな反響でも、あれば大喜びするのが編集部員。なので、本当に気に食わない記事は無視するのが一番だったりします。
6804元・編集部員の後輩ですが、外部スタッフなのであえて「さん」付けしますよ? 最新号から「ライター」として再び携わることになりました。風太郎さん、アマケンさん、金さんら、実力派ライター陣に勝負を挑む形で戻ってきました。「書く能力も撮る能力も、伸ばせるのは30歳まで」(by K島元変酋長)らしいですが、「締め切りを守る能力」は、今のところ風太郎さんの独占市場です。なので、まずはそのへんでほかの2名と勝負してはどうでしょうか。ちなみに風太郎さんは、担当するページ数の多少に関わらず、毎月10日には気持ちよく脱稿しています。
(ヤマガタ)

2009/2/3

<< 2009/2 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING