サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

「ディープクランク引いときゃ釣れンべ」と、山木一人さんは言いました。

「ディープクランク引いときゃ釣れンべ」と、山木一人さんは言いました。

Basser編集部=写真と文
外部スタッフのなかでも、風太郎さん、ツルケンさん、アマケンさん、金さんたちは、

ご存知の人はご存知かと思いますが、

Basser製作にはまだまだたくさんの人が携わってくれています。

画像を見つけたときの気分でなんとなく紹介していきたいと思います。


イシカワさん
写真は数年前、アングラーズハウス・やまきから芦ノ湖へ出船し、ディープクランクで2尾ゲットしてご満悦の図。
504デザイナーさんです。札幌市在住。主に6折(真ん中へんの紙質が変わっているページ)のレイアウトを担当してもらうことが多いです。最新号では海外の釣り場特集も組んでくれました。昨春のマンスリー・マッディーウォーター、『雨景・北浦。川村光大郎の1325投』のレイアウトはツルケンさんも絶賛。キレのある編集後記も密かに人気あり。天才。


スイトーさん
写真は……、以下同文の図。
6540元・編集部員、現・なんでも屋(?)として単行本の編集などを請けてもらっています。が、しかし、その真の姿は映画監督。某ハンパなく有名な女性歌手のPVなどを手掛けていたりするのです。なのに食うに困ってしまうあたりが天才。


レツさん
写真は、「恐くて釣りに行けなくなった!」「霊を軽んじるな!!」「何考えてんだバカ編集部!!!」と、多くの批難と抗議のハガキが寄せられた「水辺の心霊特集」の扉。どんな反響でも、あれば大喜びするのが編集部員。なので、本当に気に食わない記事は無視するのが一番だったりします。
6804元・編集部員の後輩ですが、外部スタッフなのであえて「さん」付けしますよ? 最新号から「ライター」として再び携わることになりました。風太郎さん、アマケンさん、金さんら、実力派ライター陣に勝負を挑む形で戻ってきました。「書く能力も撮る能力も、伸ばせるのは30歳まで」(by K島元変酋長)らしいですが、「締め切りを守る能力」は、今のところ風太郎さんの独占市場です。なので、まずはそのへんでほかの2名と勝負してはどうでしょうか。ちなみに風太郎さんは、担当するページ数の多少に関わらず、毎月10日には気持ちよく脱稿しています。
(ヤマガタ)

2009/2/3

<< 2009/2 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2019年11月号

11th オカッパリオールスター
ザ・チャンピオンシップ

 過去4年間の「オカッパリオールスター・ザ・キャノンボール」の勝者である川村光大郎さん(2015年)、山木一人さん(2016年)、松下雅幸さん(2017年)、早野剛史さん(2018年)を招いてチャンピオンシップを開催。その模様をレポートしています。
 競技エリアは広大! 東は霞ヶ浦水系、西は富士五湖や芦ノ湖という12のフィールドが設定されており、2日間の競技で選手はこれらのなかから2ヵ所以上のフィールドで釣果をあげなければならいというルール(いわゆるキャノンボール・フォーマット)。
 4人のテクニックや、喜怒哀楽、まさかのハプニングなども見ものですが、「限られた時間内で、最大の釣果を上げるためには、どのようなフィールドをどのタイミングで、どのように釣ればいいのか」また「手堅い釣りをしたいとき、リスクを取ってでもデカいバスをねらいたいときはどうするのか」といった各選手のねらいと動き方にも注目です。私たちが週末の釣行で「どのフィールドに行こうかな? 何をしようかな?」ということを考えるうえで、4選手の考えは大きなヒントになるはずです。
 もちろん、国内外のトーナメントレポートも充実しています。日本ではJB TOP50やW.B.S.、TBC、H-1グランプリなどがシリーズの折り返し点~終盤に差し掛かってますます盛り上がってきました。海の向こうに目を向ければ、大注目のB.A.S.S.セントラルオープン最終戦(速報)や、B.A.S.S.エリートシリーズとBPTのレポート(詳報)など、アメリカのトーナメント事情も網羅。『Basser』だけの内容が濃く詰まった一冊になっています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING