サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

「まいど!

「まいど!

Basser編集部=写真と文
赤羽です」
5
オールスターV2の修弥さんです。神保町へようこそです。

ということで…

今日は「まいど! 赤羽です」もしくは「赤羽です。まいど!」「お~う、まいど♪」
についての考察を。

これは「もしもし、赤羽です」というタイミング
つまり、おもに電話口で修弥さんが使う言葉です。

(最近はあまり使われていないような気もしますが)

修弥さんといえば「まいど♪」なので
「免許仮伝・テキサスリグ道場」の扉ページでも
修弥さんのフキダシは「まいど♪」だったわけです。

「まいど」は「毎度」で、辞書的には「いつも」の意。
うしろに繋がる言葉は
「毎度ありがとう…」「毎度お世話に…」「毎度おおきに」
といったものが思い浮かぶので
「もしもし」の代わりに「まいど!」でも違和感はありません。
挨拶の代わりにもなるでしょう。



本当にそういうことなのでしょうか?

山形のとある地域では「ありがとう」を「おしょうしな」と言うのです。
それと同じで…………「?????」を「まいど」……という可能性も?

調べてみました。

すると!

「こんにちわ」を「まいどはや」と言うことが判明!

てことは……

「まいど♪」はちょっとくだけた(?)「こんにちわ」だったのです!?

いや~、勉強になりました。

修弥さんは富山弁を話していたんですね。

(ヤマガタ)

2010/1/19

<< 2010/1 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新号 2017年9月号

重りから解放されたフリースタイルリグ  ノーシンカーリグを大特集。ワームの動きを制限する重り(シンカー)から解放されたノーシンカーリグは、水面・フォール・ボトムとあらゆるステージで活躍してくれます。  山岡計文さんはノーシンカーの水面攻略法、大石智洋さんはヤマセンコーの使い方、青木大介さんはチョウチン釣りの基本など、さまざまなスタイルのノーシンカーリグを解説。ワーム、フック、ラインの微妙な組み合わせで大きく表情を変えるノーシンカーリグの奥深さを知ることができます。  奥村和正さんによる『the STRONG MIND Game』では、1日で2尾のロクマルをキャッチした驚愕のパターンを公開。心技体、そして道具に至るまでのすべてがストロングでなければ知りえないバスフィシングの一面を垣間見ることができます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING