サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

山岡計文さんが解説 リザーバーのトップウォーター攻略法 :第3回(全4回)

水面ピクピクはワームの使い分けでバスの反応が変わる!

Basser編集部=写真と文
249-oka-013a「沈むワームを無理やり水面でピクピクさせるから釣れるバスも多いんです」と山岡さん。スーパーシャッドシェイプ4inが効いた2012年のJB TOP50さめうら湖戦のときとは打って変わって、取材時はマルチスティック4.5inが有効だった

249-oka-006a 2012年のJB TOP50さめうら湖戦。優勝した山岡計文さんのメインパターンはミッドストローリングだったが、同船取材した記者は水面ピクピクに次々とバスが沸いてくる衝撃的なシーンを目にした。「水面はバスにとって特別な場所」という山岡さんに、夏の水面をバスのバイトで弾けさせる方法を聞いた。

この記事はBasser2012年9月号に掲載されたものを再編集しています。

「ピクピク」の秘密
キーは「ワームの張りと比重」


yamaoka-a優勝レポートに掲載した写真。市販品より細いことに気づいた方、いましたか?

 上の写真は山岡計文さんが優勝したJB TOP50 2012年さめうら湖戦のレポート(2012年7月号)に掲載した写真だ。スーパーシャッドシェイプ4inを愛用している人は気づいたかもしれないが、山岡さんがピクピクに使っているこのワームは市販品よりひと回り細い。特注モデルというわけではなく、簡単にできるチューンなので試してほしい(※第4回で詳しく紹介します)。コーティングを剥がすことで、スーパーシャッドシェイプ4inは絶妙に水に絡むピクピク仕様に生まれ変わるのだ。

「いや、もったいないからミドストとかで使い古したのをチューンしてください。ジグヘッドリグとはハリを掛ける位置が違うので、チューンであり再利用方法です」

 ……さて置き、山岡さんがピクピクで重視するのは、ワームの「水への絡み方や水押し、波紋の出方」であり、それを左右する実質的要素は「ワームの張りと比重」だ。つまり、素材が軽く、張りがあり、短いワームほど水面にプカリと浮くので、水面に広がる波紋は大きいが、水中に垂れ下がって下方向へ水を押す力は弱い。逆に、素材が重く、しなやかで、長いワームほど、水面に広がる波紋は小さいが、水中に垂れ下がっている部分が強い波動を生む。この違いがバスのピクピクに対する反応を劇的に変えるのだという。

 記者はリアルさやフラッシングの有無といった見た目の要素が重要なのだと思っていた。しかし、その考えが間違っていたことを、山岡さんはこの実釣取材を通じて教えてくれた。

 さめうら湖であれほどバスの興味を引いたスーパーシャッドシェイプ4in・改が、この取材当日の七色ではまるで不発で、代わって有効だったのが、マルチスティック4.5inやワッキーワーム6inといった、重く、小魚とはかけ離れた外見や色のワームだったのだ。

249-oka-001ピクピクに浮上バイトした58㎝! ※七色貯水池は、小さいバスの数釣りは割と手軽に楽しめますが、ねらって40㎝以上のバスを釣るのは難しい釣り場です。いちおう

249-oka-002なんだこの口のデカさは!?

「こういうときはコレ、と言い切ることはできません。それはピクピクのシェイクの仕方についても同じです。釣りは、アングラー本位にならないことが大事だと思っています。バスと相談して決まったことだけが正解だからです。コレでどうスか? あ〜、やっぱりお気に召しませんか。ならコレでどうスか? まだダメですか……って、下手下手に出ながら釣りをしてると、何かの拍子にバスの反応が変る。お、ソレは悪くないね、みたいな。そこからは強気です。ならコレでこうしてやる、ああしてやるぞ、と(笑)。すべての釣りが自分はこんな感じなんですけど、なかでもトップやサイトはバスの反応が見られておもしろいから好きですね」


249-oka-01458㎝を釣ったあとでさらに40㎝台後半を追加。ご覧のとおり、ピクピクでは濁りの影響がないエリアを探して釣った





2016/8/2

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2019年10月号

【今月の研究テーマ】
虫・カエル・ネズミ

小動物ルアーの使いこなしがわかる1冊です。バスフィッシングの多様化により近年ますます存在感を増してきこれらのルアーですが、そのサイズ感や、表層付近をメインステージとする特性上、使い方や出しどころによっては思うような釣果を得られないことも少なくありません。しかし、今号の記事を読んで実践すれば、これらのルアーが「釣れる」ことを体験、実感できるでしょう。
たとえば、浮く虫ルアーと沈む虫ルアーはどのように使い分ければいいのか。その判断を正確に行なうための理論とバスの観察の仕方が、大塚高志さんの記事読めばわかります。
「野良ネズミとフロッグの違いと使い方は?」
「虫ルアーの有効な使い方ってサイト以外にあるの?」
「フッキングやバイト率を上げるための秘密やチューン方法はある?」
「小動物ルアーって具体的にどんなのが売ってるの?」
こんな疑問をもつ方も、必ず手に取りたい内容となっています。
また、アメリカ在住のトーナメントウォッチャー・雨貝健太郎さんによるBPTとB.A.S.S.のレポートが読めるのも『Basser』だけ。とくに今号では、日本人選手がボーターとして9名エントリーしている注目のセントラルオープン第3戦の模様を16ページの大ボリュームで詳報。
青木大介さんが4位入賞を果たすきっかけとなったプラクティスでの気づきと試合中のアジャスト。そしてランキング暫定1位でこの試合を迎えた伊藤巧さんの苦悩と葛藤が、本人のインタビューも交えてレポートされています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING