サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

山口県萩市「山の口ダム 第6回 バス釣り大会」が開催予定

開催は7月28日(土)。参加者募集中

siteB=まとめ
hagi-taikai52018年5月20日に行なわれた第5回大会のようす

 2018年7月28日(土)、「山の口ダム 第6回 バス釣り大会」が開催される。普段は釣り禁止の山口県萩市・山の口ダムを開放して行なわれる同大会は、ブラックバスによる地域振興が目的。参加定員は20名で参加申し込みは事前予約制。7月17日(火)まで募集中だ。

◆同大会の開催理念など詳しくはこちらの記事にて紹介しています
https://basser.tsuribito.co.jp/archive/yamaguchi-hagi-taikai

山の口ダム 第6回 バス釣り大会

【主催】福栄土地改良区・紫福地区運営委員会 、経済魚活用研究会
【共催】大井川漁協組合

●日時:2018年7月28日(土) 8:00~13:30
●場所:山の口ダム(山口県萩市紫福)
●参加費:3000円/人(参加費・昼食・飲料・お土産付)
●定員:20名(事前予約制・先着順)
●募集期限:2018年7月17日(火)
●抽選発表:7月18日(水)電話もしくはメールにて連絡
●申込方法:下記の宛先まで「氏名・年齢・性別・住んでいる地域」を伝えて申し込む
●申込・問合せ先:
萩市ジオパーク推進課地域おこし協力隊・内田真太郎宛
TEL 0838-21-7765
FAX 0838-25-7767
E-mail 3643@city.hagi.lg.jp

poster
◆詳細は大会Facebookにて
https://www.facebook.com/events/162390027797373/


 
表紙をタップすると試し読みができます hyo1

 6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。ただ落とせばいい、という単純なものではありません。タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
 巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。読んで落としたら釣れる一冊です。



2018/7/6

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING