サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

伊藤巧が首位発進!旧吉野川水系で繰り広げられる乱打戦を制するのは!?

AbemaTV Presents WORLD CHALLENGE第7話 12月1日(土)よる9時放送!

【PRESENTED BY AbemaTV】AbemaTV=写真と文 
awc_logo

支流の上流域まで分け入った伊藤巧選手が暫定首位で折り返し!
2日間のタイダルリバー戦を制するのは誰だ!?


awc7_03
 AbemaTV釣りチャンネルで毎週土曜日よる9時から放送されている「AbemaTV Presents WORLD CHALLENGE」。
 先週はLeagueBの開幕戦となる旧吉野川水系での1stラウンドの模様が放送された。

 1stラウンド初日は、旧吉野川支流の上流部でゲームを展開するため、バスボートではなく敢えて小型FRPボートを選択した伊藤巧選手が他の選手を2kg以上引き離す5kgをマークしスタートダッシュを決めた。しかし、ワールドチャレンジは重量ではなく獲得ポイントが優先されるルールのため伊藤選手のリードは僅か1ポイントとまだまだ気が抜けない状況だ。

awc7_ito05
◆LeagueB・1stラウンド初日の模様はアベマビデオにて無料で視聴できます
過去のエピソードも全話無料配信中!!
https://abema.tv/video/title/323-24

 初日の結果が僅か80gという超接戦となった2位・加木屋守選手と3位・木村建太選手はお互い全く違う釣りでほぼ同じウエイトを揃えてきた。加木屋選手は首位の伊藤選手と同様「野良ネズミ」を多投しており、エリアとタイミングさえはまれば5kg近いウエイトを出せるポテンシャルのある釣りを展開。木村選手も、持ち味であるストロングな釣りが炸裂すると破壊的なウエイトを出してくる可能性もあり要注目だ。

awc7_kagiya05
awc7_kimura05
 一方、一般オーディションを勝ち抜き出場権を得たことで注目を集めた野村勇輔選手は1尾470gという結果に終わり、トッププロ達の洗礼を浴びた。
 2日目にはプロ達にカウンターパンチを喰らわすことができるのか!?

awc7_nomura02
 四国のメジャーリバーで繰り広げられる乱打戦を制するのは誰になるのか。
 1stラウンド2日目の模様は12月1日(土)よる9時から放送されるのでお見逃しなく!

awc7_ito04
awc7_kagiya04
awc7_kimura04
awc7_nomura04
◆視聴予約はこちらから!
https://abema.tv/channels/fishing/slots/DufrwpjsBRFQFh

 見逃しが心配な方には視聴予約が便利です。上記視聴予約ページにアクセスして「通知を受け取る」を選択してください。放送開始前にスマートフォン/タブレットに通知が届きます。

◆WORLD CHALLENGE公式ウェブページはこちら!
https://w-challenge.abema.tv/

2018/11/29

つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

おすすめ記事

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING