サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

吉田幸二・泉和摩・川口直人ワカサギ鼎談 :第4回

ワカサギパターンのカラーセレクト

Basser編集部=まとめ
img_1175
水温がひと桁台になる冬でもベイトフィッシュに注目してアッと驚く釣果をあげる人がいる。
とくにワカサギが生息するレイクではこのベイトに絡んだ釣り方であることも多い。
今回はBasser2011年3月号に掲載された「ワカサギ・プロファイリング」特集から、吉田幸二さん、泉和摩さん、川口直人さんを迎えた対談の模様を紹介する。
第4回は、ワカサギパターンでのカラーセレクトについてです。


dsc_0044 泉 和摩(いずみ・かずま)
1955年、福島県生まれ。1981年にHMKLの制作と販売を開始。1985年にJBTA(現JB)に参戦を開始。1987~1991年はB.A.S.S.に出場。1997年、少数精鋭で競われるJBワールドシリーズ(現TOP50)が発足すると、その第1戦で春の生野銀山湖を制した。ウイニングルアーはワンオフのHMKLミノー「305‐S生野銀山湖ドラッギングスペシャル」。ヘラブナ釣りとクワガタのブリーディングにも傾倒。


kawaguchi 川口直人(かわぐち・なおと)
1970年、群馬県生まれ。1984年にクレージークローラーで釣った人生初バスを機にこの釣りにのめり込む。1999年にJBマスターズで優勝、翌2000年からワールドシリーズに参戦。一時期、JBと同時に参戦していたTBCでは、2006年にクラシックタイトルを獲得。2009年春のTOP50第1戦、高滝湖で同カテゴリー初優勝を飾る。趣味はオートレースや競艇の観戦とワカサギ釣り。


DSC_2548 吉田幸二(よしだ・こうじ)
1951年、東京都生まれ。1984年に日本で初めて「バスプロ宣言」をしたアングラー。B.A.S.S.などアメリカのトーナメントに参戦し、そこでの経験に基づいて1990年にW.B.S.を設立。後進の育成と水辺のゴミ拾い「53 Pick Up!」(水辺基盤協会)に注力しながら、1998年のオールスターで優勝するなど、トーナメントアングラーとしても数々の実績を残している。得意のスタイルはクランキングとフリッピング。小もの釣りも好き。


「釣れる色」の色々と話しにくいこと


B 多くのルアーにはワカサギをイメージしたカラーがありますが、微妙な色の違いが釣果に影響することはあるんでしょうか、泉さん?

 そういうことを私に聞くんですか? とか言ってみたり。むふふ。

B ルアービルダーとしては答えにくいですか?

 いえ、まず基本的なことですが、ワカサギカラーのなかでも水の色などによって当たりの色があることは事実ですよ。

dsc_8425aHMKL K-Ⅰミノーのゴースト系ワカサギカラー

川口 必ず用意したいのは、半透明のゴースト系、不透過のパールホワイト系、フラッシングが強いレーザーやホログラム系ですよね。この3系統のなかでの当たり外れは常にあるから。

 そうですね。それと、細かい部分を言えば、チャートや蛍光オレンジのワンポイントが強烈に効くこともありますねぇ。それ以外の本当に微妙な色合いの違いがどうこうというのは、アングラーがそのカラーに自信を持てれば効果アリと考えていいんじゃないでしょうか?

B それはつまり、本物に似せることに、はっきりとした効果は認められない、ということでもありますよね。

 そうですねぇ。パッと見がリアルでも、水中での見え方は違いますし、人と魚の認識はまた違うでしょう。さらに釣れるか釣れないかとなると、ルアーのカラーにはイミテーション以外の機能も求められますし。ということは、パッと見のリアルさと釣果の関連性は、実はとても低い可能性があるんですよ。

B とはいっても、HMKLのワカサギカラーはとってもワカサギチックですよね。

 むふふ。だから私にそういうこと聞く? って言ったんですよ。徹底的に本物に似せて、似せた分だけよく釣れればいいんでしょうけれど、実際には、いくら似ていてもダメなものはダメなんですよ。新色を出したとして、1年も経てば、それが「バスが釣れる色」なのか「人しか釣れない色」なのかはハッキリと答えが出てしまいますねぇ。

B その点、幸二さんは、元からそのものズバリにルアーの色を合せようとはしてませんよね?

吉田 何言ってんだよ。俺だって色にはこだわってるよ。

B いや、こだわってるのは知ってますけど。

吉田 な~んてな。この色で釣りたいなぁ~、ってのを投げてるだけだよ。

B それは半分ウソですね。幸二さんってホント、ルアーの色に関しては話したがらない部分がありますよね。幸二さんと付き合いが長いライターの金澤さんも、悪そうな顔しながらよく言ってますよ。「あのオヤジは確信犯だよ。絶対に何か隠してるぜ」って。

吉田 あんのヤロー(苦笑)。だってさ、言ってもわかんないんじゃないの? たとえばレッドヘッドなんて、よく釣れるってことさえ知らない人もいるのに、「状況によってはこの色もワカサギカラーなんだよ」って教えても、チンプンカンプンだろ。それに、ワカサギカラーに必要な機能も、クリアウォーターとマッディーウォーターじゃ違うんだよ。

 まずはバスから見つけてもらえないと始まりませんからねぇ。

吉田 おっしゃるとおり。まぁ、霞ヶ浦でも水が綺麗な状況なら、俺のワカサギカラーは「ブルーバックホワイトベリー」だよ。腹にオレンジが吹いてあるヤツ。

B それと、赤い縦じま(ルアーを水平にした状態での縦)のカラーもよく使ってますよね?

nnc_10_md_l_bt 2009年のオールスターで吉田さんは2日間クランキングを貫徹し、4位に入賞。2日目に1600gをキャッチしたルアーがノーネイム・クランク#1/0 MD(ウッドリーム)。カラーは写真のブラッドタイガーだった



吉田 ンふん(笑)。

B なぜそこで笑うんですか(笑)。あからさまに怪しいです。

吉田 まぁ~、赤い縦じまが効いたりすることもあるんだよ(苦笑)。そういうこと。はい、この話はもうおしまい。

B ……(逃げたな)。

吉田 あンだよ?

B いいえ、なんでも? ところで、川口さんがワカサギパターンで使うワームのカラーってグリーンパンプキンなんですね。

川口 パールホワイト・シルバーラメとかスモークも使うよ。ハッキリとした法則性はないんだけど、カラーで釣果が違ってくるのは間違いないから、いろいろ試すようにしてる。今日、アングリースティックのグリパンを持ってきたのは、バスとワームの位置関係でカラーを選ぶときの一例だよ。ダウンショットでボトム付近を探るとき、つまりバスが上からワームを見たとき、グリパンってワカサギの背中の色そのまんまなんだよ。キープしてるワカサギのなかにグリパンのアングロ―スティックを交ぜてみなよ。

002 031 297上から、スモーク、パールホワイト/シルバーフレーク、グリーンパンプキン/ブラックフレーク

104ワカサギの背中はグリパンカラーにそっくり


B これはたしかに似てますね。って、あの……、ホントに見分けがつかなくなったんですけど。

 ちょっとちょっと。このワカサギ、私がもらって帰るんですから。

川口 今日の晩飯は塩味の利いてる天ぷらに気をつけてくださいよ(笑)。

B あ、ありましたよ、ワーム。

 そういえば、プラグ限定の話になりますけれど、ワカサギパターンでバスがよく釣れるプラグって、ワカサギもよく釣れるんですよ、スレ掛かりで。プラグをメスと勘違いして、オスが群がってくるんですよね。

B 前に西湖で小さいバイブレーションプラグでワカサギを釣っている人を見たことがあります。入れ掛かりでした。

 むふふ。けれど、ワカサギがぜんぜん引っ掛かってこないプラグもあるんですよ。そういうのはバスも釣れませんねぇ。

吉田 ワカサギが勘違いするプラグは、そりゃバスも釣れるだろうな。魚の判断で本物に近いわけだから。



 Basser3月号でも、ルアーカラーを大特集しています。泉和摩さんも登場し、ミノープラグのメッキとホイルフィニッシュカラーの使い分けを解説しています!

  
 

 

ゲーリーファミリーと学ぶ8つのリグ!
ワカサギパターンにも効果的なジグヘッドリグのミッドストローリングを、川口直人さんが解説しています。
「ミドストはシェイクなしでも釣れる」という川口さんの超実践的ミドスト練習法は要注目!

 

Finesse Fishing with Gary Family

  
 

 

ベイトフィッシュを軸にしたバスフィッシングの組み立て方を解説!

 

琵琶湖ベイトフィッシュパターン 夏・秋&初冬編
市村直之 DVD-140min


2017/2/8

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING