サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

吉田幸二・泉和摩・川口直人ワカサギ鼎談 :第1回

泉和摩がインレットの中流域でミノーをドラッギングした理由

Basser編集部=まとめ
139-141hapyson_wakasagi_cs6-9
水温がひと桁台になる冬でもベイトフィッシュに注目してアッと驚く釣果をあげる人がいる。
とくにワカサギが生息するレイクではこのベイトに絡んだ釣り方であることも多い。
今回はBasser2011年3月号に掲載された「ワカサギ・プロファイリング」特集から、吉田幸二さん、泉和摩さん、川口直人さんを迎えた対談の模様を紹介する。
第1回は、泉さんがワカサギパターンで優勝した1997年ワールドシリーズ生野銀山湖戦の話題です。


dsc_0044 泉 和摩(いずみ・かずま)
1955年、福島県生まれ。1981年にHMKLの制作と販売を開始。1985年にJBTA(現JB)に参戦を開始。1987~1991年はB.A.S.S.に出場。1997年、少数精鋭で競われるJBワールドシリーズ(現TOP50)が発足すると、その第1戦で春の生野銀山湖を制した。ウイニングルアーはワンオフのHMKLミノー「305‐S生野銀山湖ドラッギングスペシャル」。ヘラブナ釣りとクワガタのブリーディングにも傾倒。


kawaguchi 川口直人(かわぐち・なおと)
1970年、群馬県生まれ。1984年にクレージークローラーで釣った人生初バスを機にこの釣りにのめり込む。1999年にJBマスターズで優勝、翌2000年からワールドシリーズに参戦。一時期、JBと同時に参戦していたTBCでは、2006年にクラシックタイトルを獲得。2009年春のTOP50第1戦、高滝湖で同カテゴリー初優勝を飾る。趣味はオートレースや競艇の観戦とワカサギ釣り。


DSC_2548 吉田幸二(よしだ・こうじ)
1951年、東京都生まれ。1984年に日本で初めて「バスプロ宣言」をしたアングラー。B.A.S.S.などアメリカのトーナメントに参戦し、そこでの経験に基づいて1990年にW.B.S.を設立。後進の育成と水辺のゴミ拾い「53 Pick Up!」(水辺基盤協会)に注力しながら、1998年のオールスターで優勝するなど、トーナメントアングラーとしても数々の実績を残している。得意のスタイルはクランキングとフリッピング。小もの釣りも好き。


時代先取りのベイトフィッシュパターン


対談は2010年12月28日の山中湖にて、湖明荘のワカサギドーム船内で行ないました。

川口 ところでさ、なんで今日はこのメンバーなの? オレ、緊張しちゃうんだけど。

編集部(以下、B)ワカサギがいる釣り場で、ワカサギがバスのメインベイトになっている時期に、トーナメントでの活躍がとくに印象に残っている方に集まってもらったんですよ。川口さんは2009年3月のTOP50高滝湖戦での優勝、幸二さんは2004年11月のオールスタークラシックでの2㎏フィッシュ2尾、泉さんは1997年3月のワールドシリーズ生野銀山湖戦での優勝。どれもインパクトのある釣りでした。

川口 あ~、なるほどね。

吉田 2㎏アップのバスを両手に持って、どうですかお客さ~ん? ってやったのは気持つえぇかったな~。

泉 むふふ。私のはずいぶん古い話ですけどねぇ。

139-141hapyson_wakasagi_cs6-4生野銀山湖。ワカサギファンにとっても人気のレイクで、冬になるとボート店の桟橋からも釣りイトを垂れる姿が見られる

B JBのトップカテゴリーが少数精鋭化されて最初の試合でしたから、すごく注目されてましたよね。そこで勝ったのが泉さんでした。

川口 そうそう、あの勝ち方は衝撃的だった。話を聞いて「なんでインレットの中流域で、中層のミノー・ドラッギングなんだろう?」って思いましたよ。今なら理解できますけど。

泉 あの試合では、冬から春にかけて開催されている津久井湖オープンの釣りがそのまま通用したんです。春のリザーバーでは、インレットのほうがメインレイクより早く水温が上昇しますよね。普通に考えたら、なかでも上流がいい。けれど、あのときは降り続いていた雨のせいで雪代が入っていましたし、ベタの上流域勝負はプレッシャーもキツくなるのが目に見えていました。だから、中流域だったんですよ。私が釣っていた区間は水深が8~9mで、その中層の水深4mくらいのレンジにバスもワカサギもすべての魚が群れていましたねぇ。

川口 そのレンジをミノーのドラッギングでねらった、と。

img_1162 img_1163 Basser1997年6月号に掲載された生野銀山湖戦のレポート

B たしか、そういう展開になることを見越して、生野銀山湖スペシャルのHMKLを作って行ったとか。そのルアーは期待通りに活躍してくれたんですか?

 してくれましたねぇ。あまりにも釣れすぎて、怖くなって2時間で練習をやめちゃいましたから。むふふふふ。

川口 すげぇ(バスの動きや試合展開が)そんなにまる見えだったんだ。

dsc_8417バルサ製のオリジナルHMKLをプラスチック素材で量産化したK-Iミノーシリーズ。市販品にもバスに口を使わせる泉さんのノウハウが凝縮している。泉さんによるジャークベイト論も参照

 いつもああだといいんですけどねぇ。あのころは春のインレットの中流域の中層なんてノーマークでしたけど、今じゃ皆さん知っていますからね。2度と同じ勝ち方はできないでしょう。試合中も2日目からはマークがキツくなりましたから。

吉田 昔の人は、誰かが見つけた釣り方なんて、意地でもマネしなかったもんだけどなぁ。

 そうかもしれませんね。私も基本的に広いところでひとり悠々と釣りがしたくて、その性分のおかげでいろいろといい思いをしてきましたから。

吉田 魚探がなかった30年くらい前は、湖沼図が宝の地図だったなぁ。ここ、山中湖の「水中島」でもしびれる釣りをしたよ。湖沼図を見て、水中島の存在に気づいた瞬間に絶対釣れると思って、テキサスリグのズル引きで探し当てたんだよ。もう困っちゃうくらい釣れてウハウハだった。

 私の場合は河口湖のフラット、水深8mでそういう経験をしましたねぇ。釣れると気づいたのはやっぱり30年近く前です。

吉田 バスは変化を好むってことで、猫も杓子も、吉田幸二も溶岩帯に張り付いてたころだ(笑)。地形的な変化がないとこにはバスがいないと信じて、誰も疑わなかった時代だな。

 むふふ。そうそう。でも、私は混んでるところが嫌いなので、エサのワカサギがいるところにバスもいるんじゃないかと考えて、地形的には真っ平らで何もないフラットをねらってみたんですよ。

川口 それも今じゃセオリーですけど……。

 当時は本当に誰もやっていませんでしたから、沖のバスはひとり占めでしたね。

川口 いいなぁ。



 Basser3月号では、バスフィッシングにまつわる「色」を大特集。泉和摩さんが語るメッキとホイルフィニッシュカラーの使い分けとは!?

  
 

 

ゲーリーファミリーと学ぶ8つのリグ!
ワカサギパターンにも効果的なジグヘッドリグのミッドストローリングを、川口直人さんが解説しています。
「ミドストはシェイクなしでも釣れる」という川口さんの超実践的ミドスト練習法は要注目!

 

Finesse Fishing with Gary Family

  
 

 

ベイトフィッシュを軸にしたバスフィッシングの組み立て方を解説!

 

琵琶湖ベイトフィッシュパターン 夏・秋&初冬編
市村直之 DVD-140min

2017/1/31

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING