サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

豊満ワカサギレイクの寒中ジャークベイトゲーム :第3回

ルアーローテーションはレンジを重視【11月末~3月上旬】

Basser編集部=写真と文
20_n

水温もバスの活性も底を打つ厳寒期。
それでもバスの行動はワカサギに左右されると断言するのは、
山口県・豊田湖のロコアングラーでノリーズプロスタッフでもある田中大介さんだ。
ワカサギの豊富さで知られるこのレイクで、田中さんが信頼を置くジャークベイトパターンを解説してもらった。
第3回はケーススタディーとして、2011年1月に行なった取材時の模様を紹介する。


profile_n 田中大介(たなか・だいすけ)
山口県下のリザーバーを釣り込んでいるロコアングラーで、現地のトーナメント運営に携わっている。得意なルアーはジャークベイトとテキサスリグ。2016年からはバスフィッシングの上達を目指す人を応援する「Bassers Lesson」を開講。詳しくはブログ「EASY ACTION!」をチェック!

この記事はBasser2011年4月号に掲載されたものを再編集しています。

マッチ・ザ・ベイトではなく、
レンジを刻むためのルアーローテーション


 朝イチの表層水温は7.7℃。冬のリザーバーは比較的水量が多いため、寒波がきても一気に水温が下がることはないようだ。ボートを下ろす際に湖面を見渡すと、あちこちでワカサギがピチャピチャと跳ねているのが見えた。時にはバスのボイルも確認できるという。厳寒期のフィールドにしてはかなり生命感がある。

13_n 取材は1月2日に行なった。田中さんの釣り始め。朝イチの気温はジャスト0℃

 田中さんは出船すると、スロープのすぐ近くにある岩盤からチェックし始めた。バンクを流しているとひっきりなしにフィッシュアラームが鳴ることからワカサギの多さがうかがえた。しかも、田中さんの言うとおり、あらゆるレンジにワカサギらしき反応が見られる。田中さんはボートポジションをバンクから15~20mほどとり、斜め前方にキャストしながら流していく。1投にかける時間は20秒ほどで冬の釣りとは思えないほどハイテンポだ。

14a_n 午前中は雪景色。午後から雨もしくは雪の予報

 午前中のメインはレイダウンミノーディープ(サイズはレギュラーとジャストワカサギ/潜行深度はいずれも2m前後)。普段はレイダウンミノーミッドのレギュラー(潜行深度は1m前後)をメインに釣りを組み立てているが、当日は連日の降雪により50cmほど増水していたためより深く潜るディープシリーズをチョイスした。

15_n 午前中はレイダウンミノーディープで「ちょい沖でボトムからやや浮いたバス」をねらった

「ルアー選びの際にマッチ・ザ・ベイトは意識していません。レンジを刻むためにルアーをローテーションすることがほとんどです。普段なら水深4mにいるバスをレイダウンミノーミッド・レギュラーで水面下1mまで浮かせて釣ることが多いですが、今日は厳しそうです。冷たい水が流れ込んで増水しているので、バンクのすぐ近くのシャローは潰れているはず。しかも濁りが入っているので、バスの近くにルアーを通す必要があります。レイダウンミノーディープシリーズでやや深めを探ります」

 結局、午前中にジャークベイトで得た反応は1回のショートバイトのみ。午後に入ってからは、「そろそろ水が馴染んでシャローが回復しているはず」とレイダウンミノーミッド・レギュラーも交えて探った。

17_n レイダウンの先端部で3秒ほどポーズさせているとかすかに違和感があった。フッキングするも乗らない。午前中はこの1バイトで終わった

「潜行深度が浅いルアーで釣れるならそれが1番です。釣りのテンポが速いですし、表層まで浮いてくるバスはデカいのが多いですから。今日もできればレイダウンミノーミッド・レギュラーでハメたい」と田中さん。

 正午を過ぎると雨が強く降り始めた。真冬の土砂降りはかなり身体に堪えたが、田中さんはめげるようすがない。「雨はチャンス。気圧が下がってバスが浮きやすくなります」と言い、レイダウンミノーミッド・レギュラーのカラーをパール系の膨張色にチェンジ。バスの活性が上昇すると読んでルアーのアピール力をアップさせた。

18_n 正午過ぎからどしゃ降りに……

 結果はすぐに返ってきた。岩盤質の岬によってできた風裏でレイダウンミノーミッド・レギュラーを2回ジャークさせ、1秒ほどポーズさせているとコンッとバイトが! ラインスラックを素早く回収しスイープにアワせてファイトを開始。水面でバスの魚体を確認するとリアフックが1本だけ掛かっているのが見えてヒヤッとしたが、「1本掛かりのほうがむしろバレにくい」と田中さんは慌てない。ほどなくしてハンドランディングしたのは45cm、1400gクラスのグッドサイズだった。

19_n 岬の裏側のスポット(第2回で解説した一級スポット)でバイト! ベタ凪ならばヒットシーンがマル見えだったであろうレンジで食ってきた。ワカサギの栄養のためか真冬にしては抵抗が激しかった

 1日を終え、結果は2バイト1フィッシュ。田中さんは「平均して3~5尾は出るんですけどね……」とやや不満気だったが、氷点下に近い気温のなか結果を出したジャークベイトパターンはかなり見ごたえがあった。厳寒期にルアーが目視できるレンジまでバスが浮いてくるようすはヤミツキ必至である。



 Basser3月号では、バスフィッシングにまつわる「色」を大特集。そのほか、並木敏成さんが相模湖をモデルケースとして季節に応じたリザーバーの釣りを解説する「リザーバー・マネジメント」も好評連載中!


 

 

ベイトフィッシュを軸にしたバスフィッシングの組み立て方を解説!

 

琵琶湖ベイトフィッシュパターン 夏・秋&初冬編
市村直之 DVD-140min

2017/2/9

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING