サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

豊満ワカサギレイクの寒中ジャークベイトゲーム :第2回

ねらうべきエリアの基本は岩盤のストレッチ 【11月末~3月上旬】

Basser編集部=写真と文
dsc_0126 水温もバスの活性も底を打つ厳寒期。
それでもバスの行動はワカサギに左右されると断言するのは、
山口県・豊田湖のロコアングラーでノリーズプロスタッフでもある田中大介さんだ。
ワカサギの豊富さで知られるこのレイクで、田中さんが信頼を置くジャークベイトパターンを解説してもらった。
第2回は、田中さんが実践するエリアセレクトについて紹介する。


profile_n 田中大介(たなか・だいすけ)
山口県下のリザーバーを釣り込んでいるロコアングラーで、現地のトーナメント運営に携わっている。得意なルアーはジャークベイトとテキサスリグ。2016年からはバスフィッシングの上達を目指す人を応援する「Bassers Lesson」を開講。詳しくはブログ「EASY ACTION!」をチェック!

この記事はBasser2011年4月号に掲載されたものを再編集しています。

ワカサギをあえて無視するエリア選択


 冬の豊田湖で釣るべきエリアを考えるうえで、田中さんはこのレイクのワカサギについてこう話す。

「早春は、ワカサギが産卵のためにバックウォーターに集結するため、群れが大きく居場所も絞りやすい。しかし真冬は違います。ワカサギが湖の全域に散り、レンジも表層から10m超のディープまでバラけます。乱暴に言ってしまえば、どこにでもワカサギがいる状態になります。ただし、これは全国共通の話ではなく、ワカサギが非常に多い山口県下のリザーバーならではのことかもしれません」

16_n 取材時の魚探のようす。さまざまなレンジでワカサギの反応があり、フィッシュアラームが鳴りやまない。水面でピシャピシャするワカサギも多数いた。「真冬でもボイルがあることも」と田中さん

 そのため、エリア選びに関しては「ワカサギを意識しすぎない」ことが重要だという。ワカサギの群れを追いかける釣りを展開してしまうと、かえってエリアを絞り込みにくくなり、釣りが難しくなると田中さんは実感している。

 エリア選びの基準はバンクの質で、ねらうべきは岩盤。岩盤は凹凸があるためバスが身体を隠す場所が多く、また急斜面になっているためバスがワカサギを追い込みやすい。弱ったワカサギを待ち伏せするバスを思い描きながら岩盤のストレッチを流す。

 ワカサギが広範囲に散っているため、1ヵ所で粘ることなく、あえて「ダダ流し」するのが田中さんのスタイル。

10_n エリア選びではワカサギを意識しすぎないのが田中さん流。岩盤エリアをメインにジャークベイトで流す

 ただし、一級スポットではキャスト回数を増やすとともに、より丁寧なルアー操作を心がけている。一級スポットとは「流れ(もしくは風)が当たるストレッチの、流れ(風)が当たらないスポット」にバスがつきやすい要素が複合した場所。ワンドのマウス部にある岬の裏側が代表例で、そこに岩盤と赤土の境界線やレイダウンなどが絡めば理想的だ。

11_n 岩盤(傾斜:急)と赤土(傾斜:緩やか)の境界線は、バスの移動ルートや付き場になりやすい

12_n マヅメ時は赤土のバンクも要チェック。シャローフラットでフィーディング中のバスがターゲットになる



 Basser3月号では、バスフィッシングにまつわる「色」を大特集。そのほか、並木敏成さんが相模湖をモデルケースとして季節に応じたリザーバーの釣りを解説する「リザーバー・マネジメント」も好評連載中!


 

 

ベイトフィッシュを軸にしたバスフィッシングの組み立て方を解説!

 

琵琶湖ベイトフィッシュパターン 夏・秋&初冬編
市村直之 DVD-140min




2017/2/7

つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING