サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

春の撃ち物特集

シャローのバスをロックオン!

サイト・ビー=まとめ
バスがシャローに行動範囲を広げる春は、バンク沿いのカバーを撃つ釣りも有効です。先週末に私(siteB担当アライ)が参加した牛久沼たまやボートの3月大会でもジグやテキサスリグでバイトをとった選手がいらっしゃいました。そこで今回はsiteBで公開中の撃ち物系解説記事を集めました。

川島勉のテキサスリグ道場in亀山湖

22
第1回:テキサスリグが活躍するシチュエーションとは?
第2回:ソフトベイトとフックの選び方
第3回:シンカー、ロッド、リール、ラインの選び方
第4回:プリのメスに効く浮きゴミ直下
第5回:シャローフラットでズル引くワケ
第6回:ハードカバーはスピードでぶち抜く!
第7回:サンドバーでやってきたプチ時合

赤羽修弥のテキサスリグ道場

214_doujyou-zagaku-tobira
第1回:得意なスポットは? バイトが出るのはいつ? 赤羽修弥先生がテキサスリグを解説!
第2回:ちゃんと基準がある! テキサスリグのフック、シンカーの選び方
第3回:テキサスリグのミスを減らすタックルセレクト
第4回:フッキングの基本を霞ヶ浦でレクチャー!
第5回:バイトを引き出すキモはラインテンションを張りすぎない操作法

水温10℃以下でも使えます! ”ヘビー”カバー攻略徹底講座

p044-045b
第1回:オカッパリでのヘビーカバー攻略を関和学さんが解説
第2回:ロッド、リール、ライン、フックの選び方
第3回:関和学のカバー撃ちQ&Aその1
第4回:関和学のカバー撃ちQ&Aその2

表紙をタップすると試し読みができます hyo1


大森貴洋さんのB.A.S.S.エリート開幕戦優勝の速報からスタートする今号では、バスフィッシングをするうえで必要不可欠な「リール」を特集。特集冒頭では、スピニング、ベイトリールのルーツを探り、そこから現代にかけて発展、細分化した最新のリールたちを紹介します。
 続いて、沢村幸弘さんはリールの性能の引き出し方をKTFの歩みとともに解説し、青木大介さんや福島健さんらトップトーナメントアングラーがどのような理由でリールの左右巻きを選択しているのかが明かに。さらに国保誠さんによるローギアリールの必要性、橋本卓哉さんによるリールの使いこなし方とメンテナンスのハウツー、ラインブレイクやイトよれの回避術、編集部員によるリール談義など見所満載です。この一冊が今後のリール選びの道しるべとなることは間違いありません。




2018/3/22

最新号 2018年5月号

大森貴洋B.A.S.S.通算7勝目の舞台裏

 今号では、大森貴洋さんが見事優勝を果たしたB.A.S.S.エリートシリーズの開幕戦を巻頭で詳報しています。
 ビッグウエイトが期待できないフィールド、しかも水温ひと桁台という状況で、なぜ2位に7Lb(約3kg)もの大差をつけて優勝できたのか。
そしてバルサ製のクランクベイトを得意とする大森さんが、ABS製のクランクベイトを使った理由なんだったのでしょうか。
大森さんの精神面や戦略、「神様」リック・クランとの物語など、アメリカ在住ライターの雨貝健太郎さんによる胸が熱くなるレポートは必読です。
 そして特集はスピナーベイト。
ブレードとアーム、スカートの集合体であり、自然界の生物とは似ても似つかないこの不思議なルアーを掘り下げます。
 特集冒頭では、北大祐さんが自身の多用するスピナーベイトを大公開。「その数は無限大」という言葉の意味とは……。
 その他、川村光大郎さんの2kg級バス捕獲劇や、12尾の釣果を記録した津輕辰彦さんの細やかなスピナーベイトローテーション、
そして「スピナーベイトは死んでいない!」と断言する黒須和義さんの琵琶湖スピナーベイティングなど見どころ満載です。
 また、今号ではsiteBとの連動企画として、さまざまなスピナーベイトのスイム動画をすべて公開。
通常スピードとスロー再生による映像で、スイム姿勢やバイブレーションの強さ、ブレードの回転幅やピッチ数まで明らかにします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING