サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

春の撃ち物特集

シャローのバスをロックオン!

サイト・ビー=まとめ
バスがシャローに行動範囲を広げる春は、バンク沿いのカバーを撃つ釣りも有効です。先週末に私(siteB担当アライ)が参加した牛久沼たまやボートの3月大会でもジグやテキサスリグでバイトをとった選手がいらっしゃいました。そこで今回はsiteBで公開中の撃ち物系解説記事を集めました。

川島勉のテキサスリグ道場in亀山湖

22
第1回:テキサスリグが活躍するシチュエーションとは?
第2回:ソフトベイトとフックの選び方
第3回:シンカー、ロッド、リール、ラインの選び方
第4回:プリのメスに効く浮きゴミ直下
第5回:シャローフラットでズル引くワケ
第6回:ハードカバーはスピードでぶち抜く!
第7回:サンドバーでやってきたプチ時合

赤羽修弥のテキサスリグ道場

214_doujyou-zagaku-tobira
第1回:得意なスポットは? バイトが出るのはいつ? 赤羽修弥先生がテキサスリグを解説!
第2回:ちゃんと基準がある! テキサスリグのフック、シンカーの選び方
第3回:テキサスリグのミスを減らすタックルセレクト
第4回:フッキングの基本を霞ヶ浦でレクチャー!
第5回:バイトを引き出すキモはラインテンションを張りすぎない操作法

水温10℃以下でも使えます! ”ヘビー”カバー攻略徹底講座

p044-045b
第1回:オカッパリでのヘビーカバー攻略を関和学さんが解説
第2回:ロッド、リール、ライン、フックの選び方
第3回:関和学のカバー撃ちQ&Aその1
第4回:関和学のカバー撃ちQ&Aその2

表紙をタップすると試し読みができます hyo1


大森貴洋さんのB.A.S.S.エリート開幕戦優勝の速報からスタートする今号では、バスフィッシングをするうえで必要不可欠な「リール」を特集。特集冒頭では、スピニング、ベイトリールのルーツを探り、そこから現代にかけて発展、細分化した最新のリールたちを紹介します。
 続いて、沢村幸弘さんはリールの性能の引き出し方をKTFの歩みとともに解説し、青木大介さんや福島健さんらトップトーナメントアングラーがどのような理由でリールの左右巻きを選択しているのかが明かに。さらに国保誠さんによるローギアリールの必要性、橋本卓哉さんによるリールの使いこなし方とメンテナンスのハウツー、ラインブレイクやイトよれの回避術、編集部員によるリール談義など見所満載です。この一冊が今後のリール選びの道しるべとなることは間違いありません。




2018/3/22

つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年11月号

2号連続で綴るクランクベイト愛

釣るための道具としてだけでなく、所有する喜びも与えてくれるクランクベイトを2号連続で大特集。
かつてクランクベイトの魅力を伝えてくれた人気連載、『秘密のクランクベイト』が15年ぶりにカムバック。前編の今回は、クランクベイト誕生の歴史的・地理的背景から、名作ハンドメイドフラットサイドクランクの「あれから」を辿ります。
「巻いて勝てる男」・北大祐さんは、シャロークランクの釣りのイロハを生徒役の編集スタッフにレクチャー。パワー、レンジ別のクランクベイトローテーションや、さらなる1尾に繋がるアプローチ方法を説きます。
また、開発学さん、西根博司さん、塚本謙太郎さんら著名ビルダーがクランクベイトの内部構造や素材の特性について解説。ウッド、プラスチック、そして発泡素材など、マテリアルの違いでクランクベイトの個性はどのように変わるのか。そして名作ルアーを真っ二つに割り、その内部構造から見えてきたものとは!?
さらに、人気の水槽実験によるルアーアクション検証企画「気になるルアー、泳がせます」や、クランクオンリー勝負の「編集部対決」など見どころ満載。
読めば、今すぐボックを開けてクランクベイトを愛でたくなる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING