サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

siteB、初夏のトップ&表層特集

水面系ルアーのハウツー記事25本を集めました!

サイト・ビー=まとめ
初夏は一年のなかでもトップウォーターの有効性が高くなる季節。そこで、今回は過去に掲載した記事から水面系ルアーのハウツーをまとめました! どの記事も読めばすぐに役立つ内容です。ぜひトップウォーターゲームを楽しんでください! 


並木敏成のポッパー&ペンシルベイト道場

DSC_0136 第1回(座学編)
ポッパーとペンシルベイトの特性とは? 並木敏成先生が出しどきを解説


第2回(座学編)
タイプ別の特徴を覚えよう


第3回(座学編)
タックルセレクトの基本……ロッドから交換用フックまで


第4回(実践編)
6月の河口湖で実践! 気温9℃にもアジャスト


第5回(実践編)
実践で学ぶアクションの使い分け


第6回(実践編)
アクションで差がつくポッパー&ペンシルベイト


古沢勝利のビッグバド道場

25 第1回(座学編)
バド系ルアーが釣れるのは、小魚の群れに似ているから!?

第2回(座学編)
バド系ルアーに合うのは長めでしなやかなベイトロッド

第3回(座学編)
ブレードのセット方法やフックセッティングなど手を加えればさらに使いやすくなる

第4回(実践編)
バド系のリトリーブスピードは音を聞いて調節すべし

第5回(実践編)
どこに投げて、どう巻いてくる? バド系はこんな場所を巻け!


荻野貴生のシャッドテール表層引き道場

kako1 第1回(座学編)
カバーの中にも投げ込めるナチュラルな巻き物を荻野貴生先生が解説

第2回(座学編)
表層を引くリグにフロロ14Lbを合わせる理由とは? タックルセレクトの要点を解説

第3回(実践編)
秋に効く理由とフッキングのコツ

第4回(実践編)
表層引きは表層ただ巻きに非ず!

第5回(実践編)
生徒ふたりも使いやすさを実感。


山岡計文 トップウォーターの正攻法と裏攻略法

249-oka-001 第1回
先入観を捨てることがトップウォーターで釣るためのコツ

第2回
山岡計文さん愛用のトップウォータープラグとタックル

第3回
水面ピクピクはワームの使い分けでバスの反応が変わる!

第4回
水面ピクピクのタックルと操作法


ヒロ内藤さんが語る、トップウォーター・バイト論

main2 前編
着水音をあえて大きくするという選択肢

後編
競争心によるバイト、威嚇によるバイトを引き出すには?


ルアー別フッキング実例集

utiyamaa 内山幸也×バズベイト

ebihara 蛯原英夫×フロッグ

koba 小林知寛×ポッパー
  
 
 好評発売中のBasser2017年6月号。巻頭記事では、伊豫部健さんが牛久沼に初挑戦! 「バスの個体数は少ないが、出ればデカい」と言われる老舗レイクで、伊豫部さんが春を追い求めます。人気連載「オカッパリで行こう!」、「THE TAKE BACK」のほか、橋本卓哉さんや折金一樹さんによる5月の表層攻略法を紹介。実践すれば釣果に直結するヒントが満載です。特別付録の『fenwick Aces Concept Book』では、フェンウィックの新たなフラッグシップ「Aces(エイシス)」の全モデルをウエイト別のベンディングカーブとともに紹介。お見逃しなく!



2017/5/19

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING