サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

アフタースポーンのバスに効く! 初夏のトップ&表層特集

水面系ルアーのハウツー記事20本を集めました!

サイト・ビー=まとめ
アフタースポーンから初夏にかけては一年のなかでもトップウォーターの有効性が高くなる季節。そこで、今回は過去に掲載した記事から水面系ルアーのハウツーをまとめました! どの記事も読めばすぐに役立つ内容です。ぜひトップウォーターゲームを楽しんでください! 


並木敏成のポッパー&ペンシルベイト道場

DSC_0136 第1回(座学編)
ポッパーとペンシルベイトの特性とは? 並木敏成先生が出しどきを解説


第2回(座学編)
タイプ別の特徴を覚えよう


第3回(座学編)
タックルセレクトの基本……ロッドから交換用フックまで


第4回(実践編)
6月の河口湖で実践! 気温9℃にもアジャスト


第5回(実践編)
実践で学ぶアクションの使い分け


第6回(実践編)
アクションで差がつくポッパー&ペンシルベイト


古沢勝利のビッグバド道場

25 第1回(座学編)
バド系ルアーが釣れるのは、小魚の群れに似ているから!?

第2回(座学編)
バド系ルアーに合うのは長めでしなやかなベイトロッド

第3回(座学編)
ブレードのセット方法やフックセッティングなど手を加えればさらに使いやすくなる

第4回(実践編)
バド系のリトリーブスピードは音を聞いて調節すべし

第5回(実践編)
どこに投げて、どう巻いてくる? バド系はこんな場所を巻け!


山岡計文 トップウォーターの正攻法と裏攻略法

249-oka-001 第1回
先入観を捨てることがトップウォーターで釣るためのコツ

第2回
山岡計文さん愛用のトップウォータープラグとタックル

第3回
水面ピクピクはワームの使い分けでバスの反応が変わる!

第4回
水面ピクピクのタックルと操作法


ヒロ内藤さんが語る、トップウォーター・バイト論

main2 前編
着水音をあえて大きくするという選択肢

後編
競争心によるバイト、威嚇によるバイトを引き出すには?


ルアー別フッキング実例集

utiyamaa 内山幸也×バズベイト

ebihara 蛯原英夫×フロッグ

koba 小林知寛×ポッパー
 

水辺へ行こう。一緒に釣りしよ。

表紙をクリックすると試し読みができます


 今号は、私たちが友人、子ども、家族の先生となって一緒に釣りを楽しむための特集です。
 たとえば、近年の学校では「友だち同士で水辺に近づかない」と教育されます。つまり、大人たちが積極的に水辺に連れ出さないかぎり、子どもたちが自分から釣りに親しむようになることはほとんどありません。
「バス釣り」という素晴らしい遊びをもっと多くの人に知って楽しんでもらうために、まず私たちに何ができるのか。その方法を一冊にまとめました。
 鬼形毅さんは、自分の子どもを釣りにのめり込ませる方法を教えてくれます。
 そのほか、釣りへの導入としてのガサガサの楽しみ方や、釣り掘りの上手な利用の仕方、オススメのタックルや初心者でもバスをキャッチしやすいルアーカタログなど、5月の連休に読者の方が誰かにとってのよき「先生」になるためのヒントが満載です。
 また、国内外の熱いトーナメントレポートも見逃せません。
 BPTの設立とそれに伴う主要選手の大量流出を受け、トップレベルのトーナメントアングラーが集うのは今回が最後になる可能性が高いバスマスタークラシック。その節目の大会を制したオット・デフォーの戦略と、クラシックの行く末とは……。
 日本国内ではJBTOP50が開幕。サイトの達人である三原直之さんと山岡計文さんの手に汗握る一騎打ちのもようを掲載。また、W.B.S.やTBCなどのウイニングパターンも必見です。





 

2019/5/5

つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

おすすめ記事

最新号 2019年7月号

……そしてNewプロダクトに至る

 今号では、各アングラーが培ってきたバスフィッシング理論やルアー遍歴を辿り、それが現在の釣りやプロダクトにどう反映されているかを特集しました。
 巻頭では、ケイテックの2代目社長である馬路久史さんが、先代・林圭一さんからモノ作りの精神とともにバトンタッチを受けた「フレックスチャンク」の開発舞台裏を紹介。
 並木敏成さんは、これまで使い込んできたジャークベイトの数々と、阿修羅シリーズに込めたねらいを語ってくれます。
 また、現代のハネモノブームとそれを牽引するルアーはどのようにして生まれたのかを、江口俊介さんと川島勉さんの証言から紐解きます。
 そして、川村光大郎さんはこれまでのスピナーベイト遍歴と、「釣れるスピナーベイトの条件」を解説してくれます。
 さらに、赤羽修弥さんのバスフィッシングにおけるフロッグとの関わり方の歴史や、H-1グランプリウィナーの松村浩邦さんによる新旧クランクベイトの使い分けなど、今後のルアー選びに新たな視点をもたらす記事が盛りだくさんです。
 アメリカのトーナメント情報も充実しています。リミット無制限というBPTフォーマットにおける勝つための戦術分析や、日本人選手が目覚ましい活躍を見せるB.A.S.S.セントラルオープンのレポート。そして2戦連続でシングルフィニッシュを果たし、暫定年間ランキングを首位とした伊藤巧さんへのインタビューなども見逃せません。


[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING