サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 蛯原英夫選手のフットステップ

霞ヶ浦南岸をメインに、浮きぎみのバスを追いかけた

松井大=レポート、サイト・ビー=まとめ
2016年8月26日(金)に行なわれた、Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


ebihara00a


蛯原英夫選手


6:52

■古渡
●ピッチンスティック(ネイルリグ)
●スタンブル
●ビビッドテール
●ボウワーム(ネコリグ)
鉄板、水門、アシを丁寧にキャストしていく。

ebihara0710
7:15
1尾目をピッチンスティックでキャッチ。
「ちっちゃいな……水門じゃないのかな?」

ebihara0715
ebihara0716
7:25
小移動。
近くの小規模水門。
ビビッドテール(ダウンショットリグ)、ボウワーム(ネコリグ)、スモラバ、ピッチンスティック(ネイルリグ)
ダブルモーション3.6in(リーダーレスダウンショットリグ)。


7:49

■西の洲
●ピッチンスティック(ネイルリグ)
●ダブルモーション3.6in(7gリーダーレスダウンショットリグ)
アシ撃ち。
「鉄杭引っ掛けちゃいそうだなぁ……」

ebihara0824

「風が全然吹かない……暑い。これは……、バス浮いてきてんな?」

8:25

水門へ小移動。
ピッチンスティック。

8:43
バイト! しかし乗らず。
ピッチンスティック。
歯型がついていたのはフックポイントのわずかに下だった……。
「あー、絶対浮いてんな」

ツイスティンビーバー(バックスライドセッティング)をキャスト。


9:00

■小野川
●Dゾーン
「サスペンドしているバスをねらうよ。思ったより水が回復してる」

ebihara0905
ebihara0919
9:20
上流方向から風が吹いてきた。

9:23
「サスペンドしてないぞ! 水が回復してるから台風前によかったアシをやってみるよ」


9:27

■小野川
●ダブルモーション(7gリーダーレスダウンショットリグ)
「暑い……風がなくなったよ」

9:42
ピッチンスティック。
ダブルモーション。
「ここにいないか……」

9:52
「気になるな……」と言って水門に絡むゴミだまりをチェック。

9:55
台風で倒れた鉄杭をチェック。
「ぜってー浮いてっとおもうんだけどなー」

img_0297

10:20

■大山エリア
●スタンブル
●ボウワーム(ネコリグ)

10:27
水門前の冠水した木をダブルモーション(7gリーダーレスダウンショット)でねらう。
ひとつの木にキャストを繰り返すこと7回目、ヒット。

ebihara1026
しかし枝に引っかかりフックアウト……。
パワーポールをさしていたためすぐに寄れなかった。
このあとベイトフィネスタックルのスモラバで水門護岸まわりをチェック。



10:36

■美浦エリア

「北東の風が気持ちいいね」

ebihara1049

11:25

■美浦エリア
●ダブルモーション(7gリーダーレスダウンショット)

ダブルモーションのボディーをチェックすると「あれ! 食われてる!」。
歯型あり。


11:47
■玉造エリア
●ピッチンスティック(ネイルリグ)

12:04
「シャローの水温31.9度だよ……」


12:27

■境島エリア


12:50

■矢幡ワンド
●ダブルモーション(7gリーダーレスダウンショット)
●コンバットクランク

ebihara1334

13:15

■潮来マリーナ付近



13:38

■爪木エリア

ebihara1458
13:50
ストップフィッシング。


蛯原英夫選手の成績
1尾530g……17位


メインタックル
ebihara99 ●7gリーダーレスダウンショット(ゼロダン)用(上)
ロッド:コンバットスティック・シナジーCSYC-73MH+ スーパートライアンフ(エバーグリーンインターナショナル)
リール:Zプライド(ZPI”)
ライン:バスザイルマジックハードR16Lb(エバーグリーンインターナショナル)
リグ:ゼロダン7g(デコイ)
フック:キロフック ワーム17#3/0(デコイ)
ルアー:ダブルモーション3.6in(エバーグリーンインターナショナル)

●ピッチンスティック(ネイルリグ)用(下)
ロッド:コンバットスティック・ヘラクレスHCSC-67MH-LTS ブルーマイスターLTS(エバーグリーンインターナショナル)
リール:メタニウムXG(シマノ)+NRC713M(ZPI”)
ライン:バスザイルマジックハードR14Lb(エバーグリーンインターナショナル)
フック:キロフック ワーム17#3/0(デコイ)
シンカー:ミサイルシンカートーナメント 1/32oz(アクティブ)
ルアー:ピッチンスティック(エバーグリーンインターナショナル)

2016/9/17

おすすめ記事

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING