サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 篠塚亮選手のフットステップ

霞ヶ浦本湖をメインにトータル5㎏をねらってカバー撃ち

田島直樹=レポート、サイト・ビー=まとめ
2016年8月26日(金)に行なわれた、Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


shinotsuka00


篠塚亮選手

スタート前のプラン……
5㎏以上釣らないと恐らく勝負にならない。
増水しているので、シャローカバーメイン。
浚渫で釣れる魚のクオリティーは高い、が5尾は揃わない。
タイミングを見て、浚渫にも入りたい。

6:25 
4番フライト
「霞ヶ浦本湖まで走ります。全部の船に抜かれると思いますけど……」


6:45 

■和田エリア
●リトルレインズホッグ(テキサスリグ、リーダーレスダウンショットリグ)
台風後一番実績がある和田でスタートフィッシング。
「思ったよりも抜かれないものですね」
篠塚艇を抜いていったのは2艇のみ。
   
 
5、7、10gのリトルレインズホッグのテキサスリグとリーダーレスダウンショットがメインリグ。
カバーに合わせて細かくロッドを持ち替えて丁寧に投じていく。
「焦ったらダメ。焦っても釣れないのでいつもどおりに釣っていきます!」と自分に言い聞かせるように宣言。

shinotsuka0709
7:07
 
1尾目、620gをキャッチ
リトルレインズホッグのリーダーレスダウンショット。

shinotsuka0710
shinotsuka0711

「時間がかかった……。何回も入れ直してようやく。活性が低いのかなぁ……。魚が小さくなっている。800gが釣れる予定。勝つためには、入れ替えなくてはいけない魚」

7:22
小移動。
「風が吹かない……」
カバーに加えて、やや沖の杭もチェックしていくがノーバイト。

shinotsuka0725
7:50
「移動します」


8:00

■古渡
●リーダーレスダウンショットリグ
「魚が多く反応がよかったエリア」

shinotsuka0835
8:17
 
ブッシュへのリーダーレスダウンショットでバイトを得るもノンキー。
「キーパーサイズ30㎝って結構キツい……」

shinotsuka0821
shinotsuka0839
8:48 
小野川から下ってきたSLP WORKSの橋本艇が通りがかる。

「真珠棚行ったのかな……? 真珠棚、釣れてるのかな……」と少々揺らぐ。

8:50 
「涼しいな~♪」橋の下の日陰に入る。
同船の私(プレス)は日向のまま……。

橋脚チョイ沖の小ブッシュに投じたテキサスリグで630gをキャッチ。
「やっぱり日陰で涼しいもんな~♪ でも、リリースサイズしか釣れない……」

shinotsuka0855
shinotsuka0901
9:00
 
小野川へ蛯原選手が入っていく。

9:05 
小移動。
「プラクティスで釣れたところ」

9:12
 
ブッシュに投じたリーダーレスダウンショットにバイト! しかし巻かれてしまう。

shinotsuka0915

幸運にもキャッチできたが、ノンキー。
「このサイズが釣れるってことは、何かが合っていない。釣り方なのか、エリアなのか……。シャローで間違いないハズだけど」

shinotsuka0916
ここまで、移動したエリアでは単発ながらもバイトを得ているが、プラクティスでは釣れなかった想定以下のサイズのバスしか釣れずに戸惑う。

9:30
9:35
9:47

ワンド内で小移動を繰り返す。
お盆前は釣れていた、チョイ沖で水深がややあるところ(水深80㎝ぐらい)もチェック。
「コレ時間かかるんですけどね~。落としてくときにラインがね、走るんですよ♪ 結構デカいのが釣れるんです」と、鋼矢板の凸凹に合わせてひとつずつ撃っていく。

shinotsuka0950
「大体釣れないんですけどね……」

9:53
ブッシュへのテキサスリグでノンキーをキャッチ。

shinotsuka0955
shinotsuka0959
10:00
「いい風吹いてきた! 浚渫行こうかな。一発ねらうならチャンスタイムだと思う……」 と呟きながら、スピナーベイト(クリスタルS)でふた流し目。


10:15

■西の洲の浚渫

移動。
西の洲の浚渫に向かうも、「いいところに浮いているな……」。
平本艇、斉藤艇が浮いていて断念。
「ほかの選手が浮いているのはわかっていたので、一級じゃなくても入ろうと思ったのですが、このタイミングではちょっと入れないですね……。エリアを流しながら釣っているでしょうから……。他所へ向かいます!」


10:20
■天王崎エリア

「浚渫ほどダイナミックな地形変化はないですが、船の通り道で深くなっています。小規模でチェックも早い。サイズはそこまで期待できないのですが、実績があるポイントです」

キャロでチェックするも、ノーバイト。
 前日のプラクティスで約1500gのバスを釣っていることもあり、「西の洲行きたかったな……」とその間何度か呟く。
「あそこで揃えることができたら、すごいウェイトになりますよ。でも、揃わない。絶対にリミットは揃わない!」と自分に言い聞かせるように言っていたのが印象的。 

10:35
隣接のシャローカバーに移る。
「昨日のプラクティスで3バイトありました。フッキングはしていないので、まだいるといいんですけど」

10:37
テキサスリグで3尾目。590g。
「プラクティスでバイトがあったのはまだ先です。まだイケる」

shinotsuka1040
「亮、ビッグフィッシュの予感♪」と、某釣り番組のナレーションを真似るも、私(プレス)には伝わらず説明を受ける。

10:40 
ついに今までとは異なるビッグバイト!
予感的中!を思わせるもキャットフィッシュ。

「今まで、キャットのアタリすらありませんでした。このエリアの魚の活性高いです!」とポジティブシンキング。
しかし、ボートを進めていくと水面にキャットフィッシュの死骸が浮いているのを次々と目撃。
「この先もっとあります。でも、魚は釣れるんで! 台風で溺れたんですかね?」

なぜ死魚は腹を上に向けるのか?についてプレスとふたりで考察するも答えは出ず。

10:50
テキサスリグに1㎏アップのバスがヒット!

shinotsuka1045
shinotsuka1046
ガッチリとバスのアゴを掴んだ瞬間、新婚の篠塚選手は思わず妻の名を叫ぶ。
聞いているこっちまで恥ずかしいが、愛って素晴らしい。

shinotsuka1047
「やっぱりシャローで間違ってないんだよ!」
浚渫への思いを断ち切ったかのように吠える篠塚選手。

リリースサイズではない、このバスで初めてバス持ちのポーズで撮影に応じてくれた。
が、その後バスからの反応は得られず。

11:20
冷えた水を頭から浴びてリフレッシュ。

dscf2411
水を入れて凍らせたペットボトルを股間に挟むと血液が冷えていい。
と、恍惚の表情で語る。

ライブウエルにも氷を入れてバスのケアも万全。
「風も吹き出しましたし、朝イチのエリアに入りなおします!」


11:30

■和田エリア
再び和田。
「いい感じ♪ 釣れそう」
ざっとチェックするもノーバイト。
「ダメなところはダメなのがはっきりしました。思い出の地へ向かいます」


11:45
■境島
「去年のJB TOP50でバラしたところです。(2日目、推定2㎏のバスをかけるもランディング時にアシとボートの間に挟まり無念のフックオフ)釣れるハズだと練習でも触っていません」

「ここの一番奥です」

集中力が増すのがそばから見ていても伝わります。
ワンド上になったアシ際を手前から順に丁寧にリグをキャストし続ける篠塚選手。 
「プレッシャーをかけないように手前からです」

最奥の倒れたアシが重なるカバーをリーダーレスダウンショットリグで撃ちきり、静かにタックルを置いた篠塚選手の目はまだ死んでいませんでした。

12:07
小移動。
「茶色の水、ダメだよなぁ……。浚渫……」
12時を過ぎて、焦りが見えてきた篠塚選手。 


12:15

■常陸利根川潮来大橋付近

「外浪逆浦行きます!」と常陸利根川に船を走らせた篠塚選手ですが、「ここ、デカイの釣れるんです!」と突如ストップ。
トッププロが魅せる閃きってやつか!?とカメラを持つ手に思わず力が入る。

「水の流れが強すぎてリグがすぐに流れてしまう……」

その後、常陸利根川を何カ所かチェックするもノーバイト。


12:55
■外浪逆浦南部

プラクティスでも実績があった外浪逆浦のアシが岬状に存在するエリアだが、先行者の姿あり。
即、次のエリアへ向かう。
切り替えの早さが素晴らしい。
落胆するでもなく、状況に合わせて次々と最善手を打つ。

shinotsuka1305
これまで同様、カバーに合わせて細かくタックルを持ち替えながら攻め切るもノーバイト。
「移動します」


13:15

■爪木エリア
北浦へ向かう。
プラクティス時、2㎏フィッシュの実績があるポイントに向かうと思っていたが、スルー。
そして、ブッシュが絡むエリアへ。
「北浦の水色が全然違う(霞ヶ浦は茶色、北浦は緑)。悪くないと思います」
しかし、ノーバイト。

13:31
小移動。
リグがスタックするケースが出てくる。篠塚選手の焦りが伝わる。


13:37
■沼尾エリア
●スピナーベイト
●テキサスリグ
 
小移動。
この試合では最後のエリアとなりそうである。
「水、キレイだな……」
スピナーベイト、テキサスリグでチェック。

shinotsuka1357
最後まで諦めず集中する姿が美しい。

13:55
ストップフィッシング。


篠塚亮選手の成績
4尾2924g……7位

メインタックル
shinotsuka991 ●5gテキサスリグ用
ロッド:ツアラーVスペックTVC-68M(スミス)
リール:SS SV103SHL SLPカスタマイズ(ダイワ×SLP)
ライン:シューター14Lb(サンライン)
ルアー:リトルレインズホッグ(ヨシノボリSP)(レイン)

shinotsuka992 ●7gリーダーレスダウンショットリグ
ロッド:ツアラーVスペックTVC-610MH(スミス)
リール:SS SV103SHL SLPカスタマイズ(ダイワ×SLP)
ライン:シューター14Lb(サンライン)
ルアー:リトルレインズホッグ(ヨシノボリSP)(レイン)

shinotsuka993 ●10gリーダーレスダウンショットリグ用
ロッド:ツアラーVスペックTVC-70H(スミス)
リール:アルファスSV105SHL SLPカスタマイズ(ダイワ×SLP)
ライン:シューター16Lb(サンライン)
ルアー:リトルレインズホッグスリップインバグ(ヨシノボリSP)(レイン)


2016/9/19

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING