サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 橋本卓哉選手のフットステップ

他選手が目をつけないエリアのシャローをメインに

小田原拓=レポート、サイト・ビー=まとめ
2016年8月26日(金)に行なわれた、Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


00_1


橋本卓哉選手

橋本卓哉選手のねらい
17名の出場選手のうち、1位のみが出場権を獲得できるという「ワイルドカード」。
トップを獲らなければ意味がないという厳しい条件のもとで、「魚は多いが選手も集まるエリア」は避けて、人のいないエリアを選択する。それは同時に遠いエリアを意味し、ファーストエリアまでボートを飛ばして50分走った。増水=シャローの定石ポイントからアプローチしていった。

スタート
2番フライト。

00

6:50

■小野川
●ゼロワンジグ7g
スタート。シェード、カバーを撃っていく。
風がない。
「練習のときとは違う……。もう少し早く到着していれば」
「このシェードで出ないのはヤバいな……」

7:13
1尾目。約500g。ゼロワンジグ。
「厳しいな……」

01_1
7:30
ネコスト。
「昨日より水路からの水が濁りましたね……」

7:40
スティーズポッパー。
「これだけいいポイントなのに……(出ませんね)」

8:00
「作戦変更します!」と言って移動。
真珠棚をネコストでねらう。
棚の中は釣り禁止なので、外側についていている魚をねらう作戦。

8:10
少し風が出てきた。ハイピッチャーを杭スレスレに撃っていく。
正確に撃つコントロールと、テンポよくリズミカルに投げる集中力が凄い。
「棚から少し離れたこのポイントは、来ればデカいです」

8:40
少し風が出てきたので、もとのエリアに戻る。
カバーを丹念に探るが、ノ―バイト。
「なんで釣れないんだ!」
付近の工事で水が濁ってきている。

8:43
小移動。橋げたの下を撃っていく。


8:50

■大山エリア

9:00
「いつもより全然ボラが多いな~」

9:02
浚渫を釣って「何か、アタった……」。


9:20

■古渡の浚渫
「マジ、風吹かないかな……。」

9:26
2尾目。約500gをHPシャッドテールで。
「キーパー、ぎりぎりかな? ここは釣れそうだな」

03_1
9:47
小移動(篠塚選手艇を遠目に見る)。

9:50
デカピーナッツ登場。
「投げます!」

10:10
小移動。
「ダメだ、次行きます」

10:12
「熱い、ほんとに熱い」
ほとんど無風の上、陽射しが強まるのが肌で感じ取れる。

10:20
「アッタマ来た!ジンゴロームだ!」
2尾目のあと、浚渫ポイントを丁寧に釣りこんでいくもバイトなく、集中力が切れた模様……。

03_2
10:25
「大移動です!」


10:45

■麻生エリア
石積を探る。
「ここで1本取りたいですね」

11:00
「練習のときよりも厳しいです」

11:07
「チャレンジします!」と宣言。
練習してきたエリアとは違うエリアを探ってみるという意味?


11:20

■掘割川
●スティーズポッパー
到着後、今までのエリアと違い、水色がいいのがわかる。
「雰囲気ありますよね~。このブッシュ一級品だけどな……」
芦際を丁寧に撃っていくが、反応なし。

11:40
水門をスティーズポッパーで。
水門周りの壁際に小エビと小魚が群れている。

12:08
「厳しい……。あんなに練習したんだけどなあ。カレントが変われば……」

12:20
ドライブシャッド4.5in。
「なんとかあと1尾釣りたい! 一発ねらいです」

12:40
「移動します」
「ピーヤイタチ!」
(こころの叫び始まる)


13:00

■武井エリア
●ハイピッチャー3/8oz
「2時帰着なので、あと約30分くらいの釣りになります」
護岸をハイピッチャーで撃つ。

13:05
3尾目。約800~900g。ハイピッチャー3/8oz、SS SLPカスタムのリールで!

06_1
13:10
4尾目が来た。が、抜き上げ時にフックアウト……。
キーパーサイズくらいだったが、少しショック。すぐ気を取り直す。
プレスメモ:気分転換が早いので、少々驚いた。ポジティブシンキングが凄い!

13:30
「デカピーナッツ黒金投げます」

13:35
ハイピッチャーに戻す。
「あと10分ありますね」
プレスメモ:最後まであきらめない。バスプロって凄いです。

13:40
「今日は護岸だったんだ!もっと早くから攻めていればなあ~」

13:45
ストップフィッシング。お疲れ様でした。

プレスメモ:エリアの見極め、ここぞというときの集中力、あきらめない心、など多くのこと学ばせていただき、ありがとうございました。


橋本卓哉選手の成績
3尾2380g……10位

メインタックル
99
●ラバージグ用
ロッド:スティーズ701MHFB-SVフランカー(ダイワ)
リール:スティーズSV TW 1016SHL(ダイワ)
ライン:スティーズフロロType-モンスター16Lb(ダイワ)
ルアー:O.S.Pジグゼロワン7g(O.S.P)
トレーラー:リトルレインズホッグ(レイン)

●スピナーベイト用
ロッド:ブラックレーベルプラス661MRB-G(ダイワ)
リール:SS SVSLPWORKSカラ―カスタム<パープル>(SLP×ダイワ)
ライン:モンスターブレイブ14Lb(ダイワ)
ルアー:ハイピッチャー3/8oz(O.S.P)

2016/9/17

最新号 2017年10月号

夏から秋へ。難しい季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。  巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。  伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。  田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。  また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。  Basser ALLSTAR CLASSICの最後の出場枠をかけた「THE WILD CARD」なども見逃せません。本戦への切符を勝ち取ったのはいったい誰なのかに注目です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING